石田格

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

石田 格(いしだ いたる)は、日本マジック界の生き証人の1人と呼ばれるマジックプレイヤー。「和の鉄人」。

目次

[編集] 経歴

高校時代に「獨協四天王」の一人として頭角を現し、「日本最強の高校生」と評される。早くからプロツアー世界選手権に参戦し、世界規模での経験を積んでいく。

The Finals98アンチMoMa赤茶単アカデミーを披露し、翌年ウルザ・ブロック構築では翌年の日本選手権00を制する青茶単の原型となったイタリックブルーを作り上げるなど、この頃からデッキビルダーとしての才能を開花させる。

日本の大転換期、そして、彼の全盛期とも言える2001年の活躍はもはや伝説である。2月マスターズ東京01準優勝、5月グランプリ台北01準優勝、1350人を超える参加者を数えた8月のグランプリ神戸01で優勝し、待望の個人戦タイトルを獲得。10月マスターズニューオーリンズ・ゲートウェイ突破。11月のグランプリ仙台01では、1週間前に行われたグランプリラスベガス01で登場したワイルドゾンビをわずか1週間で極限のレベルにまで完成させ、スイスラウンドを13勝無敗1分で突破し、優勝こそ逃したものの、その才能を存分に見せつけた。勢いそのままに年末のThe Finals01ではメタゲームを読み切りメタステロイド般若の面を投入、観衆から「見ていて絶対負ける気がしない」と言わしめたほどの圧勝で優勝を飾る。

そして、これらの活躍の結果、インビテーショナル02にアジア太平洋地域の最多プロツアー・ポイント保有プレイヤーとして招待された。

マスターズ東京01マスターズ大阪02では「Panzer Hunters」を2大会連続準優勝に導き、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを狙う森勝洋のために結成した「アンチャンズ」もグランプリ台北01で準優勝を果たし、森のルーキー獲得に貢献している。また「Panzer Hunters」として参戦したマスターズヴェニス03では準決勝で「P.S.2」との日本人チーム対決に敗れはしたものの、緒戦でKai Budde率いる「The Phoenix Foundation」を降し、マスターズ大阪02での雪辱を果たしている。

2000年代中盤は東名コミュニティ「マジック虎の穴」をまとめあげ、リーダー格として活躍した。

日本選手権には13年連続出場(1997年~2009年)を果たした。これは現在の最多記録である。

その後トレーディングカードゲーム製作に関わっていたが、2013年1月13日に死去。享年33。(参照:追悼 石田格さん

  • 一時期、カードショップ「フューチャー・ビー」に就職し、プロのテニスプレイヤーやスキーヤーの様に「スポンサー契約プレイヤー」として活動しており、大会賞金ではなくてスポンサー契約料にて生計を立てていた。名実共に「日本初の“プロ”プレイヤー」である。

[編集] 特徴

プレイヤーとしての実力はもちろん素晴らしいが、イタリックブルーを作り上げたデッキビルダーとしての能力、ワイルドゾンビ般若の面で披露したデッキチューナーとしての能力、チーム戦での司令塔としての働き、コミュニティの統率力など、各分野で世界トップクラスの才能を持つ。

チーム戦のロチェスター・ドラフトにおける司令塔としての能力には特に定評があり、石田のチームはすべて彼1人の指示でピックが行われている。卓を掌握する能力は筆舌に尽くしがたく、対戦相手のチームのピックまでコントロールしているかのようである。グランプリ大阪05において、ドラフトのテーブルについていたあるジャッジが「彼は右脳と左脳の間に『チーム・ロチェ脳』を持っている」と言ったほどである。この能力を養うために、あるインタビューでは、チーム・ロチェスターのピックの練習を1人で(6人分のデッキを作成)1つのシーズンに100回行うと答えている。

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] マスターズ

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif