黒枠

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

黒枠(Black Border)とは、カード外枠が黒であること(カード画像)。またはそれらのカードの通称である。

現在、新たに印刷されるカードは一部の例外を除き黒枠である。トーナメントでは、黒枠か白枠、あるいはマジック・イベント規定で使用可能と定められた枠のカードが使用できる。

  • 銀枠金枠)ではない」という意味で使われる場合もある。

[編集] 沿革

かつては、基本的に「その言語で最初に印刷された版(初版・限定版)は黒枠で印刷する」「再録カードで構成されるセットは白枠で印刷する」というポリシーが存在した。前者はリミテッド・エディションなどの基本セットエキスパンション、後者はリバイズド・エディションなどの基本セットやクロニクルなどが該当した。また、ポータル三国志スターター関連は、新規のカードもあったが言語に関わらず白枠で印刷された。

基本セット10作目およびマジック:ザ・ギャザリング生誕15周年を記念して、第10版は白枠ではなく黒枠で印刷された。これを機に基本セット2010以降でも黒枠が採用されるようになり、(白枠は事実上廃止され、)現在では銀枠カードや独自のカード枠を採用した一部のカード(Amonkhet Invocationsなど)を除き、すべてが黒枠で印刷される。

[編集] 参考

QR Code.gif