奇魔

提供:MTG Wiki

2019年5月12日 (日) 09:35時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

奇魔/Weirdクリーチャー・タイプの1つ。


Gelectrode / 軟体電極獣 (1)(青)(赤)
クリーチャー — 奇魔(Weird)

(T):クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。軟体電極獣はそれに1点のダメージを与える。
あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、あなたは軟体電極獣をアンタップしてもよい。

0/1


Frostburn Weird / 凍結燃焼の奇魔 (青/赤)(青/赤)
クリーチャー — 奇魔(Weird)

(青/赤):凍結燃焼の奇魔はターン終了時まで+1/-1の修整を受ける。

1/4


Melek, Izzet Paragon / イゼットの模範、メーレク (4)(青)(赤)
伝説のクリーチャー — 奇魔(Weird) ウィザード(Wizard)

あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたのライブラリーの一番上のカードがインスタント・カードかソーサリー・カードである場合、あなたはそれを唱えてもよい。
あなたがあなたのライブラリーからインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、それをコピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。

2/4

ラヴニカ/Ravnicaイゼット団/The Izzetが複数の精霊を掛け合わせて造り出した人工精霊。そのためラヴニカを舞台として扱ったカード・セットにのみ登場する。

単色単色、および青赤多色にのみ存在する。イゼット製のクリーチャーらしく、多くがインスタントソーサリーに関係する能力を持っている。

奇魔・トークン生成するカードにいかづち頭/Thunderheadsクリーチャーを奇魔にしてしまうカードに変化/Turnがある。

伝説の奇魔はイゼットの模範、メーレク/Melek, Izzet Paragon1体のみ。

[編集] ストーリー

奇魔は、2つの相反する種類のエレメンタル(例えば火と氷、煙と雷、蒸気と石)を合体させたクリーチャー。イゼット団はこの実験でより安定して制御が容易なエレメンタルを創造できないかと期待したが、予想に反して(そして当然の結果として)奇魔は元となったエレメンタルより気まぐれで荒々しいものとして誕生した。現在、彼らはイゼット団の警備や戦闘用クリーチャーとして用いられている。

例として、変転充填魔/Fluxchargerの配合はこんな感じ。

ミジウム1:精霊エネルギー2:危険物11。
(出典:変転充填魔/Fluxcharger)

アゾリウス評議会/The Azorius Senateはこの危険なクリーチャーの創造を禁止したがっているが、何をもって奇魔とするかという議論に決着が着かないでいる。また、ボロス軍/Boros Legionはイゼットと提携してこのエネルギーを治安維持に利用しようとしたが、戦導者オレリア/Aurelia, the Warleaderがイゼット団上層部を糾弾したため破談となった。

メーレク/Melekは高い知能・言語能力・任務遂行能力を備え、固有名を与えられた特別な奇魔。ギルドマスター・ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet直々に暗黙の迷路/The Implicit Maze走者のイゼット団代表に任命されたが……。

[編集] 参考

QR Code.gif