デモコンデス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デモコンデスとは、Demonic Consultation唱える際に指定したカードが無く、そのままライブラリーアウト負けてしまうこと。


大抵はライブラリーの一番上から追放した6枚の中に、唱えた際に指定したカードの残りすべてがあったというケースである。いくら公開していっても指定したカードがめくれる筈もなく、ライブラリーすべてが追放されてしまい、敗北してしまう。また、指定したカードがライブラリーの一番下から数枚目のところにあったりして、ゲームを満足に続行できなくなってしまうようなケースもある。

実際に起こってしまうと、双方とも虚しい気分になること請け合いである。

またこれが大きな大会で起こって、タイトルを左右された人間もいる。

特に有名なものは1996年8月、アメリカ・シアトルで開催されたこの年の世界選手権96決勝戦であろう。当時「最強」と謳われたMark Justiceは、念願のタイトルまであと一歩のところまで来ていた。しかし1ゲームに2回もDemonic Consultationを唱えたことで勝てたはずのゲームを落とし、目標にしていたタイトルを目前で逃してしまった。

日本でもグランプリ京都00決勝でデモコンデスが起きている。当時まだ無冠だった藤田剛史は初戦に敗北、第2ゲームも対戦相手の村上祐樹が繰り出したファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negatorに土俵際まで追いこまれてしまう。そんな時、村上が2体目の抹殺者を指名しDemonic Consultationを唱えると、追放された6枚に3枚の抹殺者の姿が。命拾いした藤田はそのまま最終戦も勝利し、初のタイトルを獲得した。

[編集] 参考

QR Code.gif