藤田剛史

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

藤田 剛史(ふじた つよし)は、「ローリー」の愛称で知られる、関西のプレイヤー。モットーは「マジックは楽しくなければ」。

目次

[編集] 概要

日本選手権98で関西勢初の入賞を果たし、日本のマジックシーンに大きな影響を与える。そしてグランプリ京都00で初戴冠、プロツアー東京01では日本人初のトップ8、プロツアーサンデー進出を果たす(準優勝)。そして2004年、プロツアー神戸04では彼の製作したビッグ・レッドを操る黒田正城が日本人初のプロツアーチャンピオンとなり、日本選手権04では6年越しの待望の日本王者に輝く。

これらの活躍から、"Resident Genius"としてインビテーショナル05に招聘され、惜しくも決勝でTerry Sohに敗れるものの準優勝の活躍を見せた(この時彼のデザインしたカード宝石の洞窟/Gemstone Cavernsである)。

その後も活躍を続け、デッキビルダーの1人に数えられており、当時の日本のマジック界の顔の1人と言っても過言ではなかった。

また、構築での実力から海外の調整チームから参加を許されるようになった日本人プレイヤーでもある。

2011-12シーズンにプロツアー参加をいったん休止し、日本のグランプリを中心としたイベント解説者を担当していたが、プロツアー「霊気紛争」では、同ツアーで開幕したプロツアー・チームシリーズの出場チーム「Last Samurai」の一員として、プロツアーシーンに復帰していた。

2017年1月にカードショップ「BIG MAGIC」とスポンサー契約を結ぶ。 2022年2月に公になった齋藤友晴の賭けポーカー問題に際して違法賭博を容認するような発言をSNS上で行い、それが原因となって同月に「BIG MAGIC」のスポンサー契約が終了した[1]

[編集] 主な戦績

[編集] プロツアー

[編集] マスターズ

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 脚注

  1. 『MTG』殿堂プレイヤー藤田剛史、BIG MAGIC ELDERS 契約終了 KAI-YOU 2022.02.16 13:47 (2022年2月16日閲覧)

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
2017年 Josh Utter-Leyton - Martin Jůza
2018年 Seth Manfield - Lee Shi Tian
2019年 Reid Duke
QR Code.gif