Paulo Vitor Damo da Rosa

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ(Paulo Vitor Damo da Rosa)は、ブラジルのマジックプレイヤーPVと省略して呼ばれることも多い。

目次

[編集] 概要

チームChannel Fireballの一員で、世界トップクラスのプレイヤーである。

プロツアーサンデー進出12回は歴代2位(プロツアー「破滅の刻」時点)。特に世界選手権(旧制度)に強く、8度の出場中4度のTop8進出を果たしている。

プロツアーサンファン10で念願の個人タイトルを獲得。プロツアー「破滅の刻」では2度目のプロツアー優勝を果たし、2016-2017年度のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

世界選手権19では、「最後の目標」であった世界王者の称号を手にした。

  • プレイスタイルは中村修平曰く、「強者に対して強いマジック」(参考)。
  • グランプリポルトアレグレ04の頃はパウロ・ロサ(Paulo Rosa)名義であった。
  • 2012年マジック・プロツアー殿堂入り。
  • チームに所属しないプレイヤーのための大型大会に向けた練習法として、新しいデッキを作ろうとしないこと、カード資産やフォーマットによってMagic: The Gathering ArenaMagic Onlineを使い分ける形でオンライン対戦ツールを練習に利用すること、ドラフトの練習をBotとの対戦であるArenaのドラフトだけで済ませないこと、オフラインの練習相手を1人見つけることを助言している[1]

[編集] 主な戦績

[編集] プレイヤーズツアー

[編集] ミシックチャンピオンシップ

[編集] プロツアー

[編集] グランプリ

[編集] その他

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 脚注

  1. 『マナバーン2020』(ホビージャパン、2019年12月20日初版)p.106-108 ISBN 9784798620862

[編集] 参考

マジック・プロツアー殿堂顕彰者
2005年 Jon Finkel - Darwin Kastle - Tommi Hovi - Alan Comer - Olle Råde‎
2006年 Bob Maher - David Humpherys - Raphaël Lévy - Gary Wise - Rob Dougherty
2007年 Kai Budde - Zvi Mowshowitz - 藤田剛史 - Nicolai Herzog - Randy Buehler
2008年 Dirk Baberowski - Mike Turian - Jelger Wiegersma - Olivier Ruel - Ben Rubin
2009年 Antoine Ruel - Kamiel Cornelissen - Frank Karsten
2010年 Gabriel Nassif - Brian Kibler - 齋藤友晴 - Bram Snepvangers
2011年 中村修平 - Anton Jonsson - Steven O'Mahoney-Schwartz
2012年 Paulo Vitor Damo da Rosa - 津村健志 - 大礒正嗣 - Patrick Chapin
2013年 Luis Scott-Vargas - William Jensen - Ben Stark
2014年 三原槙仁 - Paul Rietzl - Guillaume Wafo-Tapa
2015年 Eric Froehlich - 八十岡翔太 - Willy Edel
2016年 渡辺雄也 - Owen Turtenwald
2017年 Josh Utter-Leyton - Martin Jůza
2018年 Seth Manfield - Lee Shi Tian
2019年 Reid Duke
QR Code.gif