Magic: The Gathering 3: Path of Vengeance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
{{{タイトル}}}
著者 {{{著者}}}
出版 {{{出版}}}
ISBN [[Wikipedia:ja:特別:文献資料/{{{ISBN}}}|{{{ISBN}}}]]

Magic: The Gathering 3: Path of Vengeanceは、Idea & Design Works Llcより刊行中のコミック・シリーズの単行本第3巻。 脚本:Matt Forbeck、画:Martin Coccolo、表紙画:Dan Scott(2013年5月14日発売)

プレインズウォーカー、ダク・フェイデン/Dack Faydenの復讐行がここに完結する。

[編集] あらすじ

故郷を破壊した仇、シファ・グレント/Sifa Grentを追ってラヴニカ/Ravnicaへと戻ったダク。しかし彼はラクドス教団/The Cult of Rakdosから高い賞金を掛けられ、ボロス軍/Boros Legionにも追われる身となっていた。ラクドス教団とシファが手を組んでいること、ヴィトゥ=ガジーの生命を飲み尽くすためにセレズニア議事会/The Selesnya Conclaveに攻め込んだことを知ったダクは仲間たちとともに立ち向かう。

[編集] キャラクター

  • ダク・フェイデン
多元宇宙/Multiverseを股にかけた盗賊、現在はラヴニカを拠点としている。
  • シファ・グレント
邪悪なるプレインズウォーカー。ダクの仇敵。
  • Maytov(メイトフ)
ラヴニカの盗賊。盗賊から盗む盗賊であり、ダク曰く抜け目の無い男。
  • Fadka(ファドカ)
ラヴニカのダクの知己、恰幅のいい女性の癒し手。
  • Vaclav Nosek(ヴァーツラフ・ノセク)
ラヴニカのダクの知己、如何わしい生業の男だが友情には篤い。ダクは彼に全面的な信を置いてはいなかったが…。
エルフのゾンビでゴルガリ団/The Golgariのギルドマスター。領域に入り込んだダク一行から言い値を払うから船を貸してくれるように請われるも、彼らの全てを要求して団員たちに襲わせる。

[編集] 参考

QR Code.gif