セラからの翼/On Serra's Wings

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
17行: 17行:
  
 
==ルール==
 
==ルール==
*[[あなた]]が伝説である[[パーマネント]]と同名の伝説でないパーマントを[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]していても、[[レジェンド・ルール]]でどちらかを[[墓地]]に置く必要は無い。レジェンド・ルールは伝説かつ同名のパーマネントを2つ以上コントロールしていた場合にのみ適用される。[[レジェンド・ルール]]の項も参照。
+
*[[あなた]]が伝説である[[パーマネント]]と同名の伝説でないパーマネントを[[コントロール (ルール用語)|コントロール]]していても、[[レジェンド・ルール]]でどちらかを[[墓地]]に置く必要は無い。レジェンド・ルールは伝説かつ同名のパーマネントを2つ以上コントロールしていた場合にのみ適用される。[[レジェンド・ルール]]の項も参照。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[セラ/Serra]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[セラ/Serra]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[カード個別評価:ドミナリア]] - [[アンコモン]]
 
*[[カード個別評価:ドミナリア]] - [[アンコモン]]

2019年5月30日 (木) 23:22時点における最新版


On Serra's Wings / セラからの翼 (3)(白)
伝説のエンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは伝説であり、+1/+1の修整を受けるとともに飛行と警戒と絆魂を持つ。


セラ/Serraが授ける伝説のオーラ。+1/+1修整と3種のキーワード能力を与え、伝説のクリーチャーになる。

強化オーラとしては一級品。リミテッド/構築問わず、この3種のキーワード能力の組み合わせは強力。特にリミテッドではダメージレースで大きな支配力を有する。伝説化させる能力が付いているが、デメリットとして働くことはまずなく(#ルール参照)、伝説のソーサリー唱える助けになるなど、メリットと見なしてよいだろう。リミテッドではを使うなら確実に採用したいカード

弱点を挙げれば、伝説のエンチャントである点とP/Tへの修整が最低限という点。特に後者に関しては気を使う必要があり、程度のクリーチャーにつけても大きな脅威にはなれない。ある程度のP/T、そして可能なら除去耐性を有するクリーチャーを準備しておきたい。

スタンダードでは、これを用いたセラからの翼型セレズニア・ミッドレンジで採用されている。

「セラの精霊はブリンドリを高みに引き上げ、均衡の維持を命じた。」
「万物の歌」、詩編五二四

(出典:セラからの翼/On Serra's Wings)
尋常でない力を授かり、その戦闘でブリンドリは光と憤怒の天使となった。
万物の歌、第524篇

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif