クラーケンバーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クラーケンバーン(Kraken Burn)は、リアニメイトデッキの一種。精神爆弾/Mind Bombなどによって墓地落としたPolar Kraken動く死体/Animate Deadなどで戦場に出し、1~2回攻撃した後Burnt Offering生け贄に捧げてたくさんのマナを生み出し、火の玉/Fireballでとどめを刺す。


Mind Bomb / 精神爆弾 (青)
ソーサリー

各プレイヤーは、カードを3枚まで捨ててもよい。精神爆弾は各プレイヤーに、3からそのプレイヤーがこれにより捨てたカードの枚数を引いた数に等しい点数のダメージを与える。



Polar Kraken (8)(青)(青)(青)
クリーチャー — クラーケン(Kraken)

Polar Krakenはタップ状態で戦場に出る。
累加アップキープ ― 土地を1つ生け贄に捧げる。(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年(age)カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
トランプル

11/11


Animate Dead / 動く死体 (1)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)
動く死体が戦場に出たとき、それが戦場に出ている場合、それは「エンチャント(墓地にあるクリーチャー・カード)」を失い、「エンチャント(動く死体により戦場に出たクリーチャー)」を得る。エンチャントされているクリーチャー・カードをあなたのコントロール下で戦場に戻し、動く死体をそれにつける。動く死体が戦場を離れたとき、そのクリーチャーのコントローラーはそれを生け贄に捧げる。
エンチャントされているクリーチャーは-1/-0の修整を受ける。



Burnt Offering (黒)
インスタント

この呪文を唱えるための追加コストとして、クリーチャーを1体生け贄に捧げる。
(黒)と(赤)の組み合わせのマナX点を加える。Xは、生け贄に捧げられたクリーチャーの点数で見たマナ・コストである。


コンボは最速3ターンで勝負がつく。具体的には以下の通り。

  1. 1ターン目:島/Island→精神爆弾→Polar Krakenを捨て、2点のダメージを受ける
  2. 2ターン目:沼/Swamp→動く死体→Polar Krakenを戦場に出す
  3. 3ターン目:アップキープ・ステップに島を生け贄に捧げる→Polar Krakenで攻撃対戦相手に10点ダメージ)→Burnt OfferingでPolar Krakenを生け贄に捧げる(11マナ発生)→X=10の火の玉を対戦相手に撃つ

なお、このデッキに限らず当時のリアニメイトでは、後攻で1ターン目にわざと何もせずにディスカード・フェイズ(今のクリンナップ・ステップ)を迎え、強力なクリーチャーを捨てるという行為がしばしば見られた。

[編集] 参考

QR Code.gif