ソリンの復讐/Sorin's Vengeance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


10点ものドレインを行うソーサリー

そもそもが7マナ重いが、コスト・パフォーマンス自体は過去のドレインと比べても破格の高さ。撃ちさえすれば相手のライフが20を超えていない限りライフを五分以上に持って行ける(自分ライフ1、相手ライフ20でも、11対10になる)。 相手ライフの変動が無いならばそこからもう1発撃って勝利を狙ってもよいし、優位になったライフを活かして他の手段でライフを削ってもよい。

いっそコンボパーツと考える手もある。その名を冠するソリン・マルコフ/Sorin Markovの2番目の忠誠度能力と組み合わせることで、無限ライフでも一発で仕留めることができる。炬火のチャンドラ/Chandra, the Firebrandなどでコピーしてダメージを倍化してもよいだろう。

盤面に影響を与えないカードは使われづらいリミテッドでも、これだけ効果が大きいと充分に活躍できる。 不利な局面では延命措置に過ぎないことも多いが、押している場合や激しいダメージレース (基本セット2012のドラフトでは非常に多い) ではまず決定打となるだろう。

  • その威力から「ソリン砲」の愛称がある[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2012レアプレインズウォーカーの名を冠する呪文サイクル

[編集] 脚注

  1. 黒赤吸血鬼を考える(新スタンダード)岩SHOW, 岩SHOWの「デイリー・デッキ」, 2021.11.8)

[編集] 参考

QR Code.gif