テトラバス/Tetravus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tetravus / テトラバス (6)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

飛行
テトラバスはその上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
あなたのアップキープの開始時に、あなたはテトラバスから望む数の+1/+1カウンターを取り除いてもよい。そうした場合、同じ数の無色の1/1のテトラバイト(Tetravite)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを生成する。それらは飛行と「テトラバイトはエンチャントされない。」を持つ。
あなたのアップキープの開始時に、あなたはテトラバスによって生成された望む数のトークンを追放してもよい。そうした場合、テトラバスの上に同じ数の+1/+1カウンターを置く。

1/1

アップキープの開始時に分離・合体できるアーティファクト・クリーチャー

リメイク版にペンタバス/Pentavus飛行機械隊/Thopter Squadronがあり、またトリスケリオン/Triskelionとのハイブリッドであるトリスケラバス/Triskelavusがいる。

能力はそれぞれ似ているが微妙に違う。テトラバスは、

となっており、リメイク版と比べて、初期デザインの複雑さを感じさせる。

  • 倍増の季節/Doubling Seasonコントロールしていると、毎ターントークンの数を4倍にしていくことが可能。しかし、タイミングが限定されるため隙が多い。
  • 「エンチャントされない」という能力は、現在ではあまり見かけない(当時は他にも数枚あった)。トークンが再合体する際にオーラがはずれてしまう点が、イメージ的に解りにくかったからだろうか。
  • 印刷時のルール文章では、「カウンター→トークン」と「トークン→カウンター」の処理はひとつの誘発型能力にまとめられていて、必ず「カウンター→トークン」を先に行うようになっていた。現在はそれぞれに誘発するので、好きな順にスタックに置くことができる。
  • 第5版では「アーティファクト・クリーチャーとしては低コスト」という理由で収録されなかった。[1]
  • ミラディンでの再録が検討されていたが、トークンがオーラをエンチャントできないなどのややこしい点があったため、リメイクのペンタバスが作られミラディンに収録された。[2]

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

テトラバス/Tetravusアンティキティー戦争時のウルザ/Urza陣営のアーティファクト・クリーチャー。4を意味する接頭辞「テトラ/Tetora」という名前通りに、4部位からなる飛行クリーチャーである(イラスト)。カードのメカニズムでは、3つの+1/+1カウンターに対応する1/1のテトラバイト(Tetravite)と、カード本体の1/1で合わせて4つの部位となっている。

36ARにアルガイヴ/Argiveコーリス/Korlis連合王国が成立しウルザが連合王国の大工匠長官・護国卿に就任して以降、ヨーティア/Yotia奪還戦の時点で実戦配備されている。同じく数字を名前に冠するトリスケリオン/Triskelionも同時期の開発である。両者ともアルゴス/Argothの決戦時まで利用され続ける。

[編集] 登場作品

[編集] 脚注

  1. Taming the Flames(Duelist誌17号の記事)
  2. Domo Arigato, Mr. Roboto/ドモアリガット、ミスター・ロボット

[編集] 参考

QR Code.gif