誘発型能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

誘発型能力/Triggered Abilityは、特定の条件を満たすたびに誘発される能力である。


Exultant Cultist / 歓喜する信者 (2)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

歓喜する信者が死亡したとき、カードを1枚引く。

2/2


Soul Warden / 魂の管理人 (白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

他のクリーチャーが1体戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得る。

1/1


目次

[編集] 解説

誘発型能力は「〜とき/when」「〜たび/whenever」「〜時に/at」の語を含む一節から始まる「[誘発条件]、[効果]」という書式で書かれている。誘発条件の後に、追加の条件が書かれている場合もある(if節ルール)。また呪文能力起動型能力、他の誘発型能力の文章の途中に、新たに誘発する誘発型能力が描かれているものがある(遅延誘発型能力再帰誘発型能力)。イベントではなくゲームの状況に基づいて誘発するものもある(状況誘発)。

誘発型能力は、呪文、起動型能力と同じくスタックを用いて解決される。

[編集] 誘発する

誘発型能力は、誘発条件に書かれたイベントが起こるたびに1回誘発する。誘発した時点では、誘発型能力はスタックに置かれない。

あるイベントが誘発イベントを複数回満たす場合、その数だけ誘発する。

誘発型能力の中には「この能力は、毎ターン1回しか誘発しない。 」という制限があるものが存在する。この制限はその誘発型能力を持つオブジェクト1つにのみかけられており、他の同名カードには影響しない。オブジェクトが一旦別の領域に移動してから戻ってきて新しいオブジェクトになった場合は、そのターン中にも再び誘発するようになる。

通常は誘発型能力が誘発するかどうかはイベントが起きた後の状況で判断する。例外として、戦場を離れる事で誘発する能力は、そのイベントが起こる前の状況に基づいて誘発する。→(領域変更誘発

誘発型マナ能力はスタックに置かれず誘発して即座に解決される。ただし、起動型マナ能力によって誘発するマナを生み出す能力のみが誘発型マナ能力である。それ以外はマナを生み出す効果を持っていてもマナ能力ではなく、スタックに置かれ解決を待つ。(マナ能力)

[編集] スタックに置く

誘発した能力は、次にプレイヤーが優先権を得る際、状況起因処理をチェックした後にスタックに置かれる。一度誘発した能力はその発生源とは独立したオブジェクトとして存在し、発生源が元いた領域から離れていてもスタックに置かれる。

誘発した能力をスタックに置かない事を選ぶ事はできない。

  • あなたしかアーティファクトをコントロールしていないときに躁の蛮人/Manic Vandalを戦場に出した。あなたは望まなくても自分のコントロールするアーティファクトを対象に選んで躁の蛮人の能力をスタックに置かなくてはならない。

誘発型能力を置く際に複数の誘発型能力が誘発していた場合、APNAP順でプレイヤーは自分のコントロールする誘発型能力を好きな順でスタックに置く。必ずしも誘発した順番どおりにスタックに置かれるわけではない。

能力をスタックに置くとき、唱えることや起動することと同じように、モードの選択、対象の選択、ダメージやカウンター等の割り振りの決定を行う。それ以外の選択は、すべて解決時に行う。

  • 誘発型能力の中には、「~してもよい。/ may ~.」と書かれたものがある。これらはスタックに置くか置かないかを選べるわけではなく、解決時になにもしない事を選べる。
  • 誘発型能力の中には、「~してもよい。そうした場合~~/may ~ ,if you do,~~」としてマナの支払いや、生け贄等コストを要求するものがある。これらも実際にコストを支払うかどうかは解決時に決める。コストを支払う前に、マナ能力を起動する機会も得る。
    • 例:金切り声のコウモリ/Screeching Batの能力のコストを支払うか決めるのは解決時である。コストを支払うかどうかを見てから金切り声のコウモリを除去する事はできない。
    • 例:突き刺しモズ/Impaler Shrikeを生け贄に捧げるかを選択するのは能力の解決時である。生け贄に捧げる事で能力が誘発するわけではないし、また解決時まで突き刺しモズが除去されてしまったらカードを引く事はできない。
  • 「~しない限り、~~する/~~ unless ~」は「~してもよい。そうしない場合~~/may ~, if you don't~~」と同じ意味である。

スタックに置かれる時に適正な対象を選べない場合、その誘発型能力はスタックから取り除かれる。再びスタックに置き直されることはない。

[編集] 解決する

誘発型能力の解決は能力の発生源や、それを誘発させたオブジェクトの状態に影響される事はない。例えば「クリーチャーが1体戦場に出るたび」に誘発する能力や、「あなたが呪文を1つ唱えるたび」に誘発する能力は解決前にそれを誘発させたクリーチャーが除去されたり呪文が打ち消されても解決は通常通り行われる(もちろんそのオブジェクトに何かする部分は無視される)。ただしif節ルールを使用している誘発型能力は例外であり、if節に書かれた条件が満たされてない場合、その誘発型能力は解決時に何も起こらない。

  • 例:冷たき集いの吸血鬼/Bleak Coven Vampiresの能力の解決前に、あなたのコントロールするアーティファクトが破壊され2つになった。そのまま能力を解決した場合、冷たき集いの吸血鬼の能力は何もしない。

カードが領域を移動する事で誘発する能力は、領域を移動したカードを「見つけてくる」事ができる。ただし、能力の解決前に指定された領域から別の領域へ移動したカードは見つける事ができない。詳細は領域変更誘発の項を参照。

[編集] 追加で誘発する

「"イベント"することで誘発型能力が誘発するなら、その能力は追加でもう1回誘発する。」(パンハモニコン/Panharmonicon)「"オブジェクト"の誘発型能力が誘発するなら、それは追加でもう1回誘発する。」(うろつく玉座/Roaming Throne)という効果が存在する、

[編集] その他

[編集] 誘発型能力を含むキーワード能力、能力語

キーワード能力一覧能力語一覧を参照。

[編集] 誘発型能力を操作するカード

誘発型能力を追加で誘発させたり、逆に制限したりするカードの一覧。

※セルの背景色が紫色のカードはエターナルフォーマットでのみ使用可能なカードです。セルの背景色が橙色のカードはモダンとエターナル・フォーマットでのみ使用可能なカードです。(いずれも禁止カード制限カードは考慮しない)セルの背景色が銀色のカードはアン・カードなどトーナメントでは使用不可能なカードです。

[編集] パーマネントが戦場に出ることで誘発する能力を追加で誘発させるカード

特筆しない限りあなたのコントロールするパーマネントの能力を追加で誘発させる。

カード名 コスト タイプ 効果 初出セット
パンハモニコン/Panharmonicon 4 アーティファクト アーティファクトかクリーチャーが戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 カラデシュ
反復の学部長、ナバン/Naban, Dean of Iteration 1U クリーチャー ウィザードが戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 ドミナリア
冒涜されたもの、ヤロク/Yarok, the Desecrated 2UBG クリーチャー パーマネントが戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 基本セット2020
古の緑守り/Ancient Greenwarden 4GG クリーチャー 土地が戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 ゼンディカーの夜明け
機械の母、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Mother of Machines 4W クリーチャー パーマネントが戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 ファイレクシア:完全なる統一
知識の徳目/Virtue of Knowledge 4U エンチャント パーマネントが戦場に出たときの誘発型能力が追加で誘発する。 エルドレインの森
白のガンダルフ/Gandalf the White 3WW クリーチャー アーティファクトか伝説のパーマネントが戦場に出るか戦場を離れるときの誘発型能力が追加で誘発する 指輪物語:中つ国の伝承

[編集] 特定のイベントで誘発する能力を追加で誘発させるカード

特筆しない限りあなたのコントロールするパーマネントの能力を追加で誘発させる。

カード名 コスト タイプ 効果 初出セット
テイサ・カルロフ/Teysa Karlov 2WB クリーチャー クリーチャーが死亡したときの誘発型能力が追加で誘発する。 ラヴニカの献身
双対の声、ヴェイラン/Veyran, Voice of Duality 1UR クリーチャー インスタントソーサリーを唱えるかそれらをコピーした時の誘発型能力が追加で誘発する。 統率者2021
アイスウィンド・デイルのウルフガル/Wulfgar of Icewind Dale 3RG クリーチャー あなたのクリーチャーが攻撃したときの誘発型能力が追加で誘発する。 フォーゴトン・レルム探訪統率者デッキ
二天一流、一心/Isshin, Two Heavens as One WBR クリーチャー クリーチャーが攻撃したときの誘発型能力が追加で誘発する。 神河:輝ける世界
修羅のドミヌス、ドリヴノッド/Drivnod, Carnage Dominus 3BB クリーチャー クリーチャーが死亡したときの誘発型能力が追加で誘発する。 ファイレクシア:完全なる統一
白のガンダルフ/Gandalf the White 3WW クリーチャー アーティファクトか伝説のパーマネントが戦場に出るか戦場を離れるときの誘発型能力が追加で誘発する 指輪物語:中つ国の伝承
調教師の神童、ウェイタ/Wayta, Trainer Prodigy RGW クリーチャー あなたのクリーチャーがダメージを受けたときの誘発型能力が追加で誘発する。 イクサラン:失われし洞窟統率者デッキ
一望の反射鏡/Panoptic Projektor 4 アーティファクト 裏向きのパーマネントが表向きになることで誘発する誘発型能力が追加で誘発する。 カルロフ邸殺人事件統率者デッキ
五足のフェリクス/Felix Five-Boots 2BGU クリーチャー あなたのクリーチャーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えることで誘発する誘発型能力が追加で誘発する。 サンダー・ジャンクションの無法者統率者デッキ

[編集] 特定の性質のオブジェクトの誘発型能力を追加で誘発させるカード

特筆しない限りあなたのコントロールするパーマネントの能力を追加で誘発させる。

カード名 コスト タイプ 効果 初出セット
万物の聖域/Sanctum of All WUBRG エンチャント 祭殿を6つ以上コントロールしているとき、祭殿の能力が追加で誘発する。 基本セット2021
調和の神童/Harmonic Prodigy 1R クリーチャー シャーマンかウィザードの誘発型能力が追加で誘発する。 モダンホライゾン2
遺跡探し、ハーマ・パシャール/Hama Pashar, Ruin Seeker 1WU クリーチャー ダンジョンの誘発型能力が追加で誘発する。 フォーゴトン・レルム探訪
ダンジョン探検家/Dungeon Delver 1U エンチャント 背景選択であなたの統率者にダンジョンの誘発型能力が追加で誘発する能力を与える。 統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い
クララ・オズワルド/Clara Oswald 6 クリーチャー ドクターの誘発型能力が追加で誘発する。 ドクター・フー統率者デッキ
うろつく玉座/Roaming Throne 4 クリーチャー これが戦場に出る際に指定したクリーチャー・タイプのクリーチャーの誘発型能力が追加で誘発する。 イクサラン:失われし洞窟
世慣れた見張り、デルニー/Delney, Streetwise Lookout 2W クリーチャー パワー2以下のクリーチャーの誘発型能力が追加で誘発する。 カルロフ邸殺人事件
アニーの加入/Annie Joins Up 1RGW エンチャント 伝説のクリーチャーの誘発型能力が追加で誘発する。 サンダー・ジャンクションの無法者
永遠のこだま/Echoes of Eternity 3CCC エンチャント 無色の呪文やパーマネントの能力が追加で誘発する。 モダンホライゾン3

[編集] その他

カード名 コスト タイプ 効果 初出セット
ストリオン共鳴体/Strionic Resonator 2 アーティファクト 起動型能力で誘発型能力をコピーする。
種類を問わず能力をコピーするカードはコピーカードを参照。
基本セット2014
微光蜂、ザーバス/Zabaz, the Glimmerwasp 1 クリーチャー 接合の誘発型能力は追加で+1/+1カウンターを1つ置く。 モダンホライゾン2
アボレスの落とし子/Aboleth Spawn 2U クリーチャー 対戦相手のクリーチャーが持つ戦場に出たときの能力をコピーする。 統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い
トリガーハッピー/Trigger Happy 1R インスタント パーマネント1つの誘発型能力を誘発させてそれをコントロールする Unfinity(どんぐりシンボル)
鏡の盾の重装歩兵/Mirror-Shield Hoplite RW クリーチャー 1ターンに1度まで賛助が誘発したときそれをコピー 機械兵団の進軍

[編集] 誘発型能力を制限するカード

誘発型能力を誘発させなかったり効果に制限を与えるカード。能力を打ち消すカードに関してはもみ消し/Stifleを参照。

カード名 コスト タイプ 効果 初出セット
倦怠の宝珠/Torpor Orb 2 アーティファクト 戦場に出るクリーチャーは能力を誘発させない。 新たなるファイレクシア
静翼のグリフ/Hushwing Gryff 2W クリーチャー 戦場に出るクリーチャーは能力を誘発させない。 基本セット2015
トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard 1W クリーチャー 戦場に出るクリーチャーは能力を誘発させない。 イクサラン
静寂をもたらすもの/Hushbringer 1W クリーチャー クリーチャーが戦場に出るか死亡することによっては、能力は誘発しない。 エルドレインの王権
厳しい試験官/Strict Proctor 1W クリーチャー 戦場に出るパーマネント1つが誘発型能力1つを誘発させるたび、その能力のコントローラーが(2)を支払わないかぎり、それを打ち消す。 ストリクスヘイヴン:魔法学院
機械の母、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Mother of Machines 4W クリーチャー パーマネントが戦場に出ることによっては、対戦相手がコントロールしているパーマネントの能力は誘発しない。 ファイレクシア:完全なる統一
増殖されし者、マスター/The Master, Multiplied 4BR クリーチャー あなたの誘発型能力はトークンを生け贄に捧げたり追放したりできない。 ドクター・フー統率者デッキ
門衛のスラル/Doorkeeper Thrull 1W クリーチャー アーティファクトやクリーチャーが戦場に出ることでは、能力は誘発しない。 カルロフ邸殺人事件

[編集] 脚注

  1. Why So Many Restrictions?/なぜ多くの制限を設けるのかMaking Magic -マジック開発秘話- 2024年1月8日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20231117.0

QR Code.gif