マナ能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ能力/Mana Abilityは、特殊なルールが与えられた能力の分類であり、以下の2種類の能力を指す。

  1. マナを加えうる効果を持つ起動型能力で、忠誠度能力ではなく、かつ対象を取りえないもの。起動型マナ能力。
    Birds of Paradise / 極楽鳥 (緑)
    クリーチャー — 鳥(Bird)

    飛行
    (T):好きな色のマナ1点を加える。

    0/1

  2. 起動型マナ能力、もしくはマナがプレイヤーのマナ・プールに加えられることを誘発条件とする、マナを加えうる効果を持つ誘発型能力のうち対象を取りえないもの。誘発型マナ能力。
    Vernal Bloom / 花盛りの春 (3)(緑)
    エンチャント

    森(Forest)がマナを引き出す目的でタップされるたび、それのコントローラーは追加で(緑)を加える。


[編集] 解説

マナ能力はスタックに乗らず、直ちに解決される。そのため打ち消すなど、マナ能力に対応して何かすることはできない。彩色の宝球/Chromatic Sphereのように、そのマナ能力がマナを生み出す以外のこと(カード引くライフを得るなど)をする場合、それもマナ能力の一部として、スタックに乗らずに直ちに処理される。

また、優先権ルールの例外として、呪文唱えたり能力起動したりしている間や、解決中にマナの支払いを求められた時にもマナ能力を起動できる。ただし、ごく一部のマナ能力は上記の例外の状況で起動できると不都合があるため、起動できるタイミングがインスタント・タイミングに限定されている(ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamondなど。それでもスタックに乗らずに処理されることに変わりはない)。

起動型マナ能力は、それが解決するまでの間に同じ能力を起動できないという制限がある。マナ能力は起動したら即座に解決されるため、これは「マナ能力のコストの支払い中は同じ能力を起動できない」と同義。


Eladamri's Vineyard / エラダムリーのぶどう園 (緑)
エンチャント

各プレイヤーの戦闘前メイン・フェイズの開始時に、そのプレイヤーは(緑)(緑)を加える。


[編集] 参考

引用:総合ルール 20200122.0

QR Code.gif