ロード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ロード/Lordは、かつて存在したクリーチャー・タイプの1つ。現在は廃止された。Lordは「君主」「支配者」を意味する。

[編集] 概要

現在は廃止されたクリーチャー・タイプであるが、元はリミテッド・エディションから存在していたクリーチャー・タイプで、伝説のロードも全部で8体存在していた。

かつてロードだったクリーチャー俗称のロードの元となった、特定のクリーチャー・タイプのクリーチャーを強化・使役するような能力の持ち手が多かった。ただし、このクリーチャー・タイプ自体に特別な意味があったわけではなく、能力とは関係なくキャラクター設定が反映されてこのクリーチャー・タイプを持つものもいた。

だが、後にこのクリーチャー・タイプは様々な問題を抱えているとされ(詳しくはAsk Wizardsの2007年7月17日を参照)廃止されることが決定した。まずはエルフのチャンピオン/Elvish Championゴブリンの王/Goblin Kingなどが第10版での再録の際にロードを失い、さらに銀枠Assquatchを除く他のロードだったクリーチャーもその後、部族カードがメインであるローウィンの登場に先立って、2007年9月サブタイプ変更によりロードを失った。

その後長い間Assquatchのみがこのクリーチャー・タイプを持ち続けていたが、2017年オラクル更新によってAssquatchもロードを失い、完全に絶滅した。

[編集] クリーチャー・タイプとしての問題

クリーチャー・タイプとしてのロードが抱える主な問題は「プレイヤーたちの間でロードのイメージにズレがあり、こうした認識の食い違いをルール上意味を持つクリーチャー・タイプへ持ち込み続けることは好ましくない」とまとめられるだろう。それだけ多くのプレイヤーに愛されている言葉であるというわけでもあり、クリーチャー・タイプとしての廃止は苦渋の決断である様子が、上記の記事からもうかがえる。

同様に記事の中では、「ロード」という言葉がルール上意味を持たないスラングとして残り続けることへの期待も語られている。ルール上意味を持たない言葉になることで、「ファッティ」や「ウィニー」と同様、プレイヤーや解説記事の作者たちが、ある程度まで自由に、各々のイメージに添う形で「ロード」という言葉を用いられるようになるわけだ。

[編集] 関連カード

かつてクリーチャー・タイプがロードだったカード。

[編集] 参考

QR Code.gif