大薙刀/O-Naginata

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

O-Naginata / 大薙刀 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

大薙刀はパワーが3以上のクリーチャーにしかつけられない。
装備しているクリーチャーは+3/+0の修整を受けるとともにトランプルを持つ。
装備(2)


和風テイストをかもしだす装備品シリーズ。重すぎロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammerの修正版といった感じだろうか。パワーが3以上でないと重くて持てない、という味付けがしてある。

ただでさえパワーが3以上あるクリーチャー強化した上にトランプルまで持たせるのだから、たまらない。重さを別にすれば怨恨/Rancor並みの驚異となり、リミテッドなら勝利に直結する強力な装備品ではあるが、構築では中低速のビートダウンデッキにしか入らないのが痛い点である。

能力自体も弱くなく、他の装備品などと併せればデメリットも無いに等しく、十分強いカード。しかし、いかんせん出た時代が悪く、梅澤の十手/Umezawa's Jitteの影に埋もれ続けたままスタンダードを退場した。

キイェルドーの死者/Kjeldoran Dead火花の精霊/Spark Elementalなど、頭でっかちウィニー装備させても結構な脅威になる。

  • これを装備している状態で、なんらかの理由でパワーが3未満になると、状況起因処理でこれははずれる。もっとも、これ自身が+3/+0修整を与えるので、いったんついてしまえばめったなことでははずれない。
    • 一時的にパワーを3以上に上げて、これを装備することもできる。その場合、その効果が終わっても前述の理由により外れることはまれであろう。
  • 一般に大薙刀は3m近いサイズのもののみを指す。薙刀全体としては1.2m〜3mの範囲であるから巨体の大峨がもっているこれはまさに大薙刀であるといえる。
  • タルキール龍紀伝で条件がタフネスになった門破り/Gate Smasherが登場した。

[編集] 参考

QR Code.gif