救助の手/Saving Grasp

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Saving Grasp / 救助の手 (青)
インスタント

あなたがオーナーであるクリーチャー1体を対象とし、それをあなたの手札に戻す。
フラッシュバック(白)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


自分オーナーであるクリーチャー限定のバウンス

基本的には、除去などから救助するためのものと考えて問題ない。条件は「コントローラー」ではなく「オーナー」なので、対戦相手コントロールを奪われたときにも使える(その代わり自分がコントロールを奪ったときには使えないが、そういう場合わざわざ救助しないだろうからあまり関係ない)。

またETB能力を再利用したり、不死クリーチャーを回収しもう1回死亡できるようにしたりなどの小技に使うことも多いだろう。特にイニストラード・ブロックリミテッドなどでは、悪鬼の狩人/Fiend Hunterと組み合わせて永久に追放するコンボが有効(詳細はナイトメアのページ参照)。フラッシュバック持ちで2回使えるうえ、使用コスト軽いので、上手に使えばかなり便利。

それと、()()の2マナだけで狼男変身が解けるのも見逃せない。ただし、フラッシュバックできるのは呪文解決されてカード墓地に置かれた後なので、1回目と2回目でそれぞれ別のクリーチャーを戻さねばならずテンポの損失が厳しい。状況によっては無理にこれを2回唱える必要もあるだろうが、普通は戻したクリーチャーを唱え直して条件を満たすほうがいいだろう。

[編集] 関連カード

  • 過去には救出/Rescueというカードもあった。あちらはパーマネントなら何でも戻せる代わりにフラッシュバックを持たない。

[編集] サイクル

イニストラードフラッシュバック友好色マナを要求する呪文サイクル。いずれもコモン。古えの遺恨のみ再録。

闇の隆盛フラッシュバック友好色マナを要求する呪文サイクル。いずれもコモン。天啓の光のみ再録。

イニストラードのサイクルはカラー・ホイールの右隣ののマナを、闇の隆盛のサイクルは左隣の色のマナを要求する。

[編集] 参考

QR Code.gif