死せる生/Living End

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Living End / 死せる生
〔黒〕 ソーサリー

待機3 ― (2)(黒)(黒)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(2)(黒)(黒)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
各プレイヤーは自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを追放する。その後自分がコントロールするすべてのクリーチャーを生け贄に捧げる。その後自分がこれにより追放したすべてのカードを戦場に出す。


待機持ちになって帰ってきた生ける屍/Living Death。イメージ的にはAll Hallow's Eveのリメイクとも言える。

待機させた後に生け贄共鳴者などで墓地クリーチャーカードを送る手段を用意できるのだが、それは対戦相手も同じ。リセットリアニメイトであった本家と違い、即効性も奇襲性も無い上、待機するにしてもサイクルの中でも待機コストが最も重いため普通には扱い辛い。墓地操作や187クリーチャーを利用する、対戦相手にだけクリーチャーを生け贄に捧げさせて待機終了時に自ら打ち消すなど、何かしらの工夫を織り込みたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんマナ・コストが無い待機呪文サイクル。いずれも過去のカードリメイク

[編集] 参考

QR Code.gif