睡蓮の花/Lotus Bloom

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lotus Bloom / 睡蓮の花
アーティファクト

待機3 ― (0)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(0)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
(T),睡蓮の花を生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。


待機持ちになって帰ってきたBlack Lotus

0マナの元手で3マナを生み出すという驚異のマナ能力は本家Black Lotus同様。しかしマナ・コストが無いので、待機で3ターン待って唱える必要がある点でバランスが取られており、ゲーム開始早々にチャネルボールを繰り出したり、オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers回収してお手軽に無限マナを生むことはできなくなった。

ビートダウン・デッキのように速度を重視するデッキでは採用しづらくなったが、コントロールコンボデッキのように待ち時間を許容できるデッキならば強力。0マナで唱えられるマナ加速呪文であるためストームと相性がよく、タイムシフトで復活したドラゴンの嵐/Dragonstormと組み合わせてドラゴンストームを生み出すのに一役買った。

また、まともに唱える以外の方法、例えばライブラリー墓地から直接戦場に出したり、代替コストを与えたりするギミックを用いれば、本家同様の驚愕のマナ加速能力を見せる。テゼレッターサニー・サイド・アップトイソルジャー続唱コントロールなどが有名。

  • 「Lotus」を「水蓮」ではなく「睡蓮」と訳してあり、テンプレートからはずれている。これは既に水蓮の花/Lotus Blossomが存在していたため。とはいえ、名前が同音になってしまっており少々紛らわしい。異なる部分は「Bloom」と「Blossom」の部分なので、そこを訳し分けるべきだったのでは、という意見もある。 「花盛りの水蓮」 あたりが妥当だろうか。
    • なお、本来スイレンの漢字表記は「睡蓮」の方が正式である。
    • 後に出た水蓮のコブラ/Lotus Cobraは従来通りの「水蓮」表記に戻った一方、睡蓮の原野/Lotus Fieldはこれまた「睡蓮」に逆戻りしており、テンプレートが統一されていない。
    • ただし、「Lotus」シリーズのイラストを見る限りでは、「睡蓮(スイレン)」というより「蓮(ハス)」である。アメリカではlotusは主に「蓮」を指し、「睡蓮」にはwater lilyを使うことが多いため、本来「Lotus」は「蓮」を指しているのかもしれない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんマナ・コストを持たない待機カードサイクル単色ソーサリー5枚と無色アーティファクト1枚から成る。いずれも過去のカードのリメイク稀少度レア時のらせんリマスターでは、単色の5枚は神話レア再録された)。

[編集] 参考

QR Code.gif