知られざる楽園/Undiscovered Paradise

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Undiscovered Paradise / 知られざる楽園
土地

(T):好きな色1色のマナ1点を加える。あなたの次のアンタップ・ステップに、あなたがあなたのパーマネントをアンタップするに際し、知られざる楽園をオーナーの手札に戻す。


ビジョンズで登場した5色土地。好きな色マナを出せるが、起動すると次の自分のターン手札戻ってしまう。出し直せばよいのだが、繰り返していてもマナ量は一向に増えない。

手札に戻る能力は冬の宝珠/Winter Orbと相性が良い。また、タップインではないことも手伝って当時流行した多色デッキに投入された。→5CB5CG

  • 初出のビジョンズの時代ではマリガンの条件が「オール・ランド」「ノー・ランド」だったため、「デッキに4枚入れたら初手に土地がこれしかなくてマリガンできずに絶句」という光景も見られた。
  • 手札に戻す効果マナ能力の一部として生成される。マナを生み出さずに別の効果でタップしたりさせられたりした場合には手札に戻ることは無い。
  • この効果は、アンタップ・ステップの処理に一動作を付け加える置換効果である。アンタップと同時に行われる(つまり、これはアンタップしない)が「アンタップすること」自体を置換する訳ではないので、冬の宝珠などのアンタップ制限下でも手札に戻る。
  • これが登場した時期にはハルマゲドン/Armageddonがあったため、5マナ以上の重いカードはデッキに入りにくかった。その結果、土地を増やさなくても戦えるデッキが構築される傾向があり、手札に戻ることによる土地総数が伸びなくなるデメリットよりも、好きな色のマナを出せるメリットのほうが優先され、多色デッキでよく使用された。
  • 「アンパラ」、「アンカバ」という略称がある。
  • これ一枚で上陸の条件を繰り返し満たすことが可能。エターナルドレッジでは色マナ源と恐血鬼/Bloodghastのバックアップ役を兼ねる重要な役割を持つ。
  • 元々はミラージュカードとしてデザインされていたが、ビジョンズに移籍されたカードのうちの1枚[1]

[編集] 参考

  1. Mirage playtest cardsDaily MTG Arcana 2002年2月19日)
QR Code.gif