ミラーマッチ/Mirror Match

提供:MTG Wiki

2019年6月29日 (土) 19:04時点におけるブラー (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索


こちらを攻撃している対戦相手の各攻撃クリーチャーコピートークンを作りだして、同士討ちさせる呪文

あわよくば攻撃クリーチャーとコピーを相打ちさせて実質的に除去ができ、そうでなくとも回避能力なども無視してブロックするため最低限確実に攻撃を止められる。「除去できる可能性もある濃霧/Fog」と考えればなかなか強力な効果である。ついでにETB能力などもいただければなおありがたいが、システムクリーチャーはあまり攻撃に参加してこないであろうから期待は薄いか。

とはいえ6マナという重さはかなり厳しいものがあり、それだけのマナを浮かせておくのはテンポ面でも大きな負担。通常のエターナル環境においては、さすがに採用が躊躇われる。

多人数戦の場合は、濃霧とは若干使用感が変わる。複数のプレイヤーに分散して攻撃してきた場合に、濃霧ならすべてのプレイヤーを守ることになるのに対し、これは自分だけを守るからである。統率者戦のような無差別戦ならば歓迎すべき利点だが、双頭巨人戦アーチエネミー戦のようなチームメイトがいるルールの場合には注意が必要か。

[編集] 参考

QR Code.gif