双頭巨人戦

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

双頭巨人戦/Two-Headed Giantは、多人数戦変種ルールの1つで、CR:810に定められている。2人1組の2チームで対戦を行う形式。

目次

[編集] ルール

それぞれのチームは、テーブルの片側に並んで座る。どう座るかはそれぞれのチームが決める。

  • 共有チーム・ターンにおいて、ゲーム中になんらかの意見が揃わなかった場合、主プレイヤー(各チームで一番右に座っているプレイヤー)が最終的な決定権を持つ。

ライフは共有されるが、それ以外のリソースマナ手札カードなど)は共有されない。ただし、チームメイトとの意思疎通は自由である。

その他の特徴について以下に述べる。

[編集] ライフ

ライフは各チームで共有される。これを「共用ライフ」と呼ぶ。共用ライフ総量の初期値は30点であり、チームの共用ライフが0点以下であるチームは、状況起因処理により敗北する。

詳しくは共用ライフの項目を参照。

[編集] ターンの進行

ターンは、プレイヤーごとではなくチームごとに進行する。

詳しくは共有チーム・ターンの項目を参照。

また追加のルールとして、先攻チームは最初のターンのドロー・ステップ飛ばす

[編集] 戦闘

共有チーム・ターン」の戦闘ルールを用いる。具体的には、攻撃側チームの攻撃クリーチャーは防御側チームのどのプレイヤーかプレインズウォーカーを攻撃するか選ぶ。防御側チームは、チームのどのプレイヤーを攻撃しているかに関わらずチームを攻撃しているクリーチャーを協力してブロックすることができる。

能力などが参照する「攻撃プレイヤー」および「防御プレイヤー」は、それらの内1人のプレイヤーだけを指す。チーム全体を単一のプレイヤーとみなすわけではない。

  • 例1:防御側チームの一方のプレイヤー(A)がプロパガンダ/Propagandaコントロールしている場合、もう一方のプレイヤー(B)を攻撃することを選ぶのならばマナを支払う必要はない。
  • 例2:防御側チームの一方のプレイヤー(A)がをコントロールしており、もう一方のプレイヤー(B)がしていない場合、沼渡りを持つクリーチャーがブロックされないのは(A)または(A)のコントロールするプレインズウォーカーを攻撃することを選んだときのみである。
  • 例3:道理の宿敵/Nemesis of Reasonがプレイヤー(A)に攻撃したなら、(A)のライブラリーのみを削る
  • 例4:あなたはゴブリンのうすのろ/Goblin Goonを含め2体のクリーチャーをコントロールしている。攻撃側チームの一方のプレイヤー(A)はクリーチャー(a)のみ、もう一方のプレイヤー(B)はクリーチャー(b)と(c)の2体をコントロールしており、それら3体すべてで攻撃された。この場合、ゴブリンのうすのろがブロックに参加できるのは(a)をブロックすることを選んだ場合のみである。

共有チーム・ターンの項目も参照。

[編集] 勝敗

基本的には個人戦と同様に決まるが、いくつかの例外がある。

  • チームの共用ライフが0点以下になったチームは状況起因処理により敗北する。
  • チーム単位でのみ勝敗が存在し、プレイヤー個人での勝敗は存在しない。いずれかのプレイヤーが勝利(敗北)となれば、そのチームが勝利(敗北)になる。また、効果によっていずれかのプレイヤーが勝利(敗北)できない場合、そのプレイヤーのチームは勝利(敗北)できない。
    • 例えば、いずれかのプレイヤーがライブラリーが0枚のときにカードを引こうとしたら、そのプレイヤーは状況起因処理により敗北し、そしてそのプレイヤーのチームは敗北する。そのチームメイトのライブラリーにはカードが残っていたとしても関係ない。
    • 例えば、いずれかのプレイヤーが白金の天使/Platinum Angelをコントロールしていた場合、そのプレイヤーとそのチームメイトは敗北せず、その対戦相手のチームは勝利しない。
  • プレイヤーが投了したら、そのチームは即座にゲームから離れ、そのチームの敗北となる。
  • 毒カウンターはチームごとにカウントされる。チームで15個以上得た場合、そのチームは敗北する。

[編集] トーナメント

2005年10月1日から、トーナメントにおける多人数戦の対戦形式として構築エターナルリミテッドシールドのみ)で公認され、2005年11月12月に全世界一斉にトーナメントが行われた。しかし、日本では開催されなかった。

2007年から、ついにプロツアーの種目になる。初の双頭巨人戦プロツアーはプロツアーサンディエゴ07

マッチの勝敗は、1ゲームの勝敗で決まる。そのため、認定大会ではゲームの敗北のペナルティの代わりにマッチ・ポイントを1点失う裁定が下される。

プレリリースでも双頭巨人戦が採用される会場もある。

[編集] 禁止カード

リミテッドでは適用されない。

[編集] 制限カード

ヴィンテージのみで適用。

[編集] 過去のルール

[編集] 戦闘に関する過去のルール

現在のルールはドミナリア発売に伴う2018年4月の総合ルール更新[1]により変更されたものである。それ以前のルールは以下の通り。

  • 各チームのクリーチャーは、チームごとに他のチームを攻撃する。アクティブ・チームは「攻撃チーム」となり、そのチームの各プレイヤーは「攻撃プレイヤー」となる。同様に、非アクティブ・チームは「防御チーム」となり、そのチームの各プレイヤーは「防御プレイヤー」となる。
  • 攻撃クリーチャー指定ステップの開始に際して、攻撃チームは攻撃クリーチャーを指定する。いずれかの防御プレイヤーがコントロールするオブジェクト効果プロパガンダ/Propagandaなど)によってそのプレイヤーを攻撃できないクリーチャーは、防御チームを攻撃できない。アクティブ・チームの攻撃は一群で行ない、その攻撃クリーチャー群は全体として適正でなければならない。
  • ブロック・クリーチャー指定ステップの開始に際して、防御チームはブロック・クリーチャーを指定する。防御チームによるブロックは一群で行ない、ブロック・クリーチャーは全体として適正でなければならない。
  • 戦闘ダメージ・ステップ開始に際して、攻撃チームは攻撃クリーチャーがどのように戦闘ダメージ割り振るかを宣言する。防御チームに割り振る場合、攻撃チームは攻撃クリーチャーごとに防御プレイヤーを1人選び、そのプレイヤーに戦闘ダメージを割り振る。攻撃チームの割り振り宣言が終わったら、防御チームが同様に割り振る。
  • 単発的効果特性定義能力が防御プレイヤーを参照する場合、その効果あるいは能力コントローラーが選んだいずれか1人の防御プレイヤーのみを参照する。攻撃プレイヤーについても同様である。
  • 他のあらゆる場合において防御プレイヤーとは両プレイヤーのことを指す。肯定的比較(土地渡りのように「防御プレイヤーが~であるかどうか」を見る場合)、相対的比較(ゴブリンのうすのろ/Goblin Goonのように「防御プレイヤーよりも~かどうか」を見る場合)については、それぞれの防御プレイヤーについて比較を行い、いずれかが真であればその解は真である。また、否定的比較(シー・モンスター/Sea Monsterのように「防御プレイヤーが~でないかどうか」を見る場合)については、対応する肯定的比較が偽である場合(すなわち両方が「~でない」場合)に真となる。これらは攻撃プレイヤーについても同様である。
    • 例えば、防御プレイヤーのいずれかがをコントロールしている場合、沼渡りを持つクリーチャーはブロックされない。また、攻撃プレイヤーのいずれかよりも多くのクリーチャーをコントロールしている場合、ゴブリンのうすのろはブロックに参加できる。

[編集] その他の過去のルール

  • 2006年10月に「先攻チームにも最初のターンのドロー・ステップは存在するが、ドローできるのは一方のプレイヤーだけ」というルールに変更された。しかし、2007年5月に元に戻された。
  • 毒カウンターに関しては、かつてはプレイヤーごとにカウントしており、個人戦と同様10個で敗北になっていた。2011年4月からの総合ルール更新[2]により、現在のルールになった。

[編集] その他

  • 各チーム3人以上でゲームを行うこともできる。
    • このようなゲームは三頭巨人戦四頭巨人戦と呼ばれることもある。
    • 「n頭巨人戦」では、共用ライフの初期値は15×n点とし、チームで計5(n+1)個の毒カウンターを得たら敗北する。
  • フォーマット名と同名のカードが登場した。(→双頭巨人/Two-Headed Giant
  • バトルボンドは双頭巨人戦を強く推奨したカード・セットである。

[編集] 脚注

  1. Dominaria Update Bulletin(News 2018年4月13日 Eli Shiffrin著)
  2. March 18 2011 DCI Banned & Restricted List Announcement/2011年3月18日制限禁止リスト告知(News 2011年3月18日 WotC著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif