議会の採決/Council's Judgment

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
6行: 6行:
  
 
一方[[多人数戦]]では必ずしも狙ったパーマネントを除去できるわけではないが、一人勝ちしそうな[[プレイヤー]]の[[フィニッシャー]]などに[[投票]]するのであれば、他のプレイヤーに協力してもらえる公算は大きいだろう。
 
一方[[多人数戦]]では必ずしも狙ったパーマネントを除去できるわけではないが、一人勝ちしそうな[[プレイヤー]]の[[フィニッシャー]]などに[[投票]]するのであれば、他のプレイヤーに協力してもらえる公算は大きいだろう。
 +
*[[ダブルマスターズ]]の{{Gatherer|id=491497|ボックストッパー版}}に描かれているのは[[オルゾフ組/The Orzhov Syndicate#オブゼダート/the Obzedat|オブゼダート/the Obzedat]]の面々。
  
 
==参考==
 
==参考==

2022年1月20日 (木) 04:07時点における最新版


Council's Judgment / 議会の採決 (1)(白)(白)
ソーサリー

議決 ― あなたから始めて各プレイヤーは、あなたがコントロールしていない土地でないパーマネント1つに投票する。最多あるいは最多と同数の票を獲得した各パーマネントを追放する。


あなたがコントロールしていない、土地でないパーマネント議決により選んで追放する除去呪文

2人対戦では、実質的にあなたに選択権がある単体除去として扱える。同じ3マナ名誉回復/Vindicate忘却の輪/Oblivion Ringとは一長一短だが、対象を取らないため呪禁プロテクションを持つパーマネントを除去できるのは大きな強み。特にレガシーではを含まないデッキでも真の名の宿敵/True-Name Nemesisを対処できる貴重なカードであり、時折採用されている。

一方多人数戦では必ずしも狙ったパーマネントを除去できるわけではないが、一人勝ちしそうなプレイヤーフィニッシャーなどに投票するのであれば、他のプレイヤーに協力してもらえる公算は大きいだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif