スケムファーの王、ヘラルド/Harald, King of Skemfar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Harald, King of Skemfar / スケムファーの王、ヘラルド (1)(黒)(緑)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

威迫(このクリーチャーはクリーチャー2体以上によってしかブロックされない。)
スケムファーの王、ヘラルドが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカード5枚を見る。あなたは「その中からエルフ(Elf)か戦士(Warrior)かタイヴァー(Tyvar)であるカード1枚を公開し、あなたの手札に加える。」を選んでもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

3/2

戦場に出たとき、ライブラリーの上5枚の中からエルフ戦士タイヴァー濾過する伝説のエルフ戦士

見る枚数が5枚とやや多めで、エルフデッキであればまず何かしらは引っかけることができるだろう。この手のカードとしては、プレインズウォーカー(タイヴァー)にアクセスできることが特徴的。順調に土地マナ・クリーチャーを展開できていれば、次のターンにタイヴァー・ケル/Tyvar Kellを出し、タイヴァーの+1能力をヘラルドに使って4/3威迫接死という対戦相手からすると厄介なクリーチャーに仕立てることができる。ブロックが嫌われるクロックをこれでちまちまと刻んでおく事で、その後に横に並ぶエルフ達の全体強化フルアタックの射程内まで対戦相手のライフ値を持っていければ御の字。

リミテッドではエルフは当然の事ながら、戦士と多相も意識して集めておけば1枚もヒットしない確率は相当減らせる。単独スペックだけでも3マナアタッカーとして充分な上に、部族シナジー用の墓地回収カードも豊富なので、威迫で積極的に相討ちを取った上で何度も使い回して消耗戦でのアドバンテージを拡大したい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

カルドハイムアンコモンの2伝説のクリーチャーサイクル

[編集] ストーリー

ヘラルド/Haraldは、カルドハイム/Kaldheimスケムファー/Skemfarエルフ/Elfを統べる王。男性。二つに分かれていた種族の再統一を果たした。タイヴァー・ケル/Tyvar Kellの兄。

詳細はヘラルド/Haraldを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif