モンク

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

モンク/Monkクリーチャー・タイプの1つ。聖職者・僧侶のうち、身体的・精神的な修行で優れた能力を得た者。


Dosan the Falling Leaf / 落葉の道三 (1)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) モンク(Monk)

プレイヤーは、自分のターンの間にしか呪文を唱えられない。

2/2


Rhox War Monk / ロウクスの戦修道士 (緑)(白)(青)
クリーチャー — サイ(Rhino) モンク(Monk)

絆魂

3/4


Monastery Swiftspear / 僧院の速槍 (赤)
クリーチャー — 人間(Human) モンク(Monk)

速攻
果敢(あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。)

1/2

初出は神河ブロック人間職業として登場し、神河救済では反転してエンチャントになる反転カードサイクルが作られた。クリーチャー・タイプ大再編では過去の名前にMonkを含むクリーチャー達もモンクのタイプを得た。アラーラの断片ブロックではバント/Bantロウクス/Rhoxの職業として登場。タルキール覇王譚ブロックではジェスカイ道/The Jeskai Wayの主要職業タイプとして、仏僧タイプのモンクが再登場した。

5色サイクルがあるためすべてのに存在するが、のモンクはその1体(上位の大峨、苦御/Kuon, Ogre Ascendant)のみ。

モンク・トークン生成するカードに僧院の導師/Monastery Mentorオジュタイの召喚/Ojutai's Summons空智の教え/Skywise Teachingsが存在する。

伝説のモンクは統率者2019現在16体存在する(「伝説の(Legendary)・モンク(Monk)」でWHISPER検索)。

  • モンクに変化するカードにナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery神話実現/Myth Realizedがある。
  • 原義はギリシャ語の「独りで生活する人」で、転じて現代では「俗世間を捨てて厳しい修行に励む僧侶」を指す。キリスト教の修道士の他、東洋宗教の修行者(仏僧や道教の道士など)にも使われる。
    • 東洋では寺社が武術の道場を兼ねることがある(例えば中国の少林拳など)ことから、「武道を修めた聖職者」を指して使われることも。ここから派生し、コンピューターゲームなどでは「格闘に長け僧侶呪文も使える」という描き方をされることもある。落葉の道三/Dosan the Falling Leafなどはまさにそのイメージである。
    • 一方、同じWotC社から発行されている「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のモンクは呪文を使えないが、モンクの道を極めることによって生物の限界を超え、魔法生物という超常的な存在となる。反転しエンチャントになる反転カードサイクルのモンクは、欧米人が持つそのような神秘的なイメージを反映したものと考えられる。

[編集] 参考

QR Code.gif