ヴォルラスの要塞/Volrath's Stronghold

提供:MTG Wiki

2019年6月7日 (金) 22:58時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Volrath's Stronghold / ヴォルラスの要塞
伝説の土地

(T):(◇)を加える。
(1)(黒),(T):あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番上に置く。


5つのブロックに渡る伝説の土地サイクル版。自分墓地クリーチャーカードライブラリーの一番上に置ける。

ドローは止まるが、任意のクリーチャーの再利用は極めて強力であり、サイクルの中でも群を抜いて強力な能力破壊カウンターなどで対戦相手に対処されたものでも、生け贄に捧げるなどして自ら墓地に置いたクリーチャーでも回収できて非常に便利。土地であるという点も含めて、まさにパーミッションの天敵とも言えるようなカードである。

生け贄に捧げる能力を持ったクリーチャーを使いまわす手段として有用であり、ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elderならばドローが止まるどころか逆に進み、ボトルのノーム/Bottle Gnomesならば擬似ダンシング・ノームができる。発掘けちな贈り物/Gifts Ungiven墓地送りにしたカードを回収したり、ドラコ爆発などでライブラリーの一番上に置くこと自体を活用したりするのもよい。

コントロール系の中速~低速のデッキを中心に、幅広いデッキで使われた。エターナルでもしばしば採用され、生ける願い/Living Wishからサーチされることも多い。

[編集] 関連カード

ゾンビカード限定となった邪悪な岩屋/Unholy Grottoアーティファクト回収するアカデミーの廃墟/Academy Ruinsエンチャントを回収するヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod's Generosityなどの亜種がある。

墓地からクリーチャー・カードを回収する能力を持った土地

[編集] サイクル

ミラージュ・ブロックからインベイジョン・ブロックまでの5つのブロックを通して完結した、伝説の土地のメガ・メガサイクルMark Rosewaterの5年がかりの大計画であった。→参考

[編集] 参考

QR Code.gif