ショックランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ショックランド(Shockland)とは、基本土地タイプを2種類持つデュアルランドのうち、ラヴニカ・ブロックで初登場したものの総称。いずれもラヴニカへの回帰ブロックZendikar Expeditionsラヴニカのギルドラヴニカの献身再録された。


Hallowed Fountain / 神聖なる泉
土地 — 平地(Plains) 島(Island)

((T):(白)か(青)を加える。)
神聖なる泉が戦場に出るに際し、あなたは2点のライフを支払ってもよい。そうしないなら、これはタップ状態で戦場に出る。


目次

[編集] 解説

元祖デュアルランドの調整版・下位互換であり、戦場に出るとき2点のライフ支払わなければタップ状態で戦場に出る、というペナルティが追加されている。

多色土地は数あれど、ショックランドの登場までは、基本土地タイプを持つものはデュアルランド以外に存在しなかった。

元祖デュアルランドと同じ「基本土地ではないが基本土地タイプは持つ」という性質により、一部の土地サーチカードが利用でき、特定の基本土地タイプを参照するカードとシナジーがある。一方で、基本でない土地への対策にも、基本土地タイプを狙い撃ちにする色対策カードにも引っかかる。ルール上の詳細はデュアルランドの項目も参照のこと。

[編集] 利用

「2点のライフ」というデメリットが、使用するにあたって大きすぎる負担にはならないものの、何も考えずにホイホイと支払えるほどは気軽ではない、絶妙なバランスになっている。2枚目、3枚目と連続でアンタップインすると負担がどんどん大きくなっていくことから、複数種類のショックランドを併用するのにも大きなリスクが伴うようになっており、安易な多色化にも歯止めがかけられている。

どんどん攻めていきたいアグロなどのデッキでは、テンポを優先して積極的にアンタップインで使用される。しかしアグロ同士の対戦などではこの2点が明暗を分けることもままあり、特に火力ドレインと言ったライフを直接攻める手段のあるデッキとの対戦時にはそれを意識した駆け引きが必要となる。

じっくり構えたいコントロールでは、タップインでライフを温存するプレイングも多用されるが、もちろん緊急時にはアンタップインで使用する必要は出てくる。特にフェッチランドと併用する場合、すぐには起動せず対戦相手ターンに持ち越して、「何かマストカウンター呪文を使った場合はアンタップインして打ち消しを使う、そうでなければ終了ステップタップイン」というような二段構えの戦略が取られる。それを見越して「あえて呪文を無造作に使用し、アンタップインを誘う」というような駆け引きが生まれることもしばしば。

多色土地としての利用はもちろんだが、複数の基本土地タイプを持つ、という点のほうも同時に重視して採用される例もままある。スケープシフトではの枚数を減らさずに多色化することに貢献し、アグロドメインでは部族の炎/Tribal Flamesと併用されている。

[編集] 他の多色土地との比較・相性

他のアンタップインできる多色土地が、何か他の条件を必要としていることが多いことに対し、ショックランドはライフさえあれば単体で容易にアンタップインできる。この強みは大きく、多色土地の中では非常に高い評価を得ており、採用率も同様に高い。

  • 無条件にアンタップインできる多色土地としては、先輩格であるペインランドもある。比較して、長期的に見てほとんどの場合でライフの出費が少なくて済み、また下記のシナジーもあることから、ショックランドのほうが高い評価を得ている。
    • ただし色マナの需要がそこまで激しくないデッキの場合や、無色マナが特別に必要なデッキの場合などで、ペインランドが優先されるケースもある。

また基本土地タイプを持つことから、それを利用できるカードとは総じて相性がよい。

反面、土地を何度も出し直すギミックとは相性がやや悪い。また、上記の裏返しになるが、他の多色土地が条件を満たした場合にはリスクなしでアンタップインできるのに対し、ショックランドはどんな場合でもライフを支払わないとタップインになってしまうことから、特殊な構造のデッキや確実に長期戦になるデッキの場合に若干評価が下がる場合もある。

[編集] 該当カード

ラヴニカ・ブロック初出のショックランドサイクル。2つの基本土地タイプを持ち、戦場に出るに際して2点のライフ支払わなければタップ状態で戦場に出る土地

[編集] 参考

  1. BUILDING ALLEGIANCES, PART 1/献身の作り方 その1
QR Code.gif