常在精神/Evermind

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Evermind / 常在精神
〔青〕 インスタント — 秘儀(Arcane)

(存在しないマナ・コストは支払えない。)
カードを1枚引く。
連繋(秘儀(Arcane))(1)(青)(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうした場合、このカードの効果をその呪文に追加する。)


マジック史上初の「プレイできないカード」。要するに、他の秘儀連繋して使うカードである。2マナで1ドローというマナ効率を考えれば「秘儀をキャントリップにする」と考えてよい。

システムは珍しいが、ゲーム上の実用性はあまり高くない。単体では役に立たないのが厳しい。

[編集] ルール

  • かつては「常在精神はである」という特性定義能力を持っていたが、現在は色指標により青となっている。これを他の秘儀に連繋しても、色指標はコピーされないので、その秘儀のは変わらない。
    • 特性定義能力であったときは、これを秘儀に連繋すると「青である」の能力も得るため、その秘儀は青になっていた。
    • 発売当初は「常在精神を連繋しても、特性定義能力のみ追加されない」という裁定が出ていた。しかし連繋のルールからすると言わば「例外」であったので、後に逆転裁定となった。
  • このカードにマナ・コストは無い。ただし、「点数で見たマナ・コスト」を参照する場合、土地と同様に未定義値のルールにより0となる。
  • 実際のカードには「マナ・コストの無い呪文はプレイできない。」と書かれていた(イラスト)。しかし時のらせん発売にあたりルールが変更され、今の記述になった。

[編集] 参考

QR Code.gif