連繋

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
連繋/Splice
種別 常在型能力
登場セット 神河ブロック
モダンホライゾン
CR CR:702.46

連繋(れんけい)/Spliceは、神河ブロックで初登場したキーワード能力。これを持つカード手札にあるときに機能する常在型能力である。


Glacial Ray / 氷河の光線 (1)(赤)
インスタント — 秘儀(Arcane)

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。氷河の光線はそれに2点のダメージを与える。
連繋(秘儀(Arcane))(1)(赤)(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうしたなら、このカードの効果をその呪文に追加する。)



Horobi's Whisper / 崩老卑の囁き (1)(黒)(黒)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
連繋(秘儀(Arcane)) ― あなたの墓地にあるカードを4枚、追放する。(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうした場合、このカードの効果をその呪文に追加する。)



Splicer's Skill / 接合者の技法 (2)(白)
ソーサリー

無色の3/3のゴーレム(Golem)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
連繋(インスタントかソーサリー)(3)(白)(あなたがインスタントかソーサリーである呪文を唱えるに際し、あなたはあなたの手札からこのカードを公開して、連繋コストを支払ってもよい。そうしたなら、このカードの効果をその呪文に加える。)


[編集] 定義

連繋([性質]) [コスト]/Splice onto [性質] [コスト]は、「あなたが[性質]の呪文唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開してもよい。そうした場合、その呪文はこのカードのルール文章にある文章を得、その呪文の追加コストとして[コスト]を支払う。」を意味する。

[編集] 解説

指定された性質の呪文に、連繋を持つ呪文の能力を加えられる能力である。例えば「連繋(秘儀)(1)(赤)」なら、サブタイプが「秘儀」である呪文を唱えるとき、このカードを同時に手札から公開することができる。そうしたのならば、元の呪文のコストに加えて(1)(赤)を支払い、最初の秘儀呪文に公開したカードの内容が追加される。(この一連の手順を俗に「連繋する」と呼ぶ。)

神河ブロックでは連繋を持つカードはすべて秘儀インスタントであり、連繋先も秘儀となっている。

モダンホライゾンではインスタントかソーサリーに連繋できるカードが登場した。同時に連繋する先がサブタイプから性質になるなど、ルールが整理された。

[編集] ルール

[編集] 連繋する

  • 呪文にカードを連繋したい場合、CR:601.2bに則り、呪文をスタックに置き、モードを選んだ後に連繋したいカードを公開する。
  • 連繋したカードの方は手札に残る。連繋させた呪文のコストとして捨てることなどもできる。
  • カードの必要な選択(対象など)を行なえない場合、連繋 能力を使うことを選ぶことはできない。
  • 同一の呪文に複数回、同一のカードを連繋することはできない。
  • 1つの呪文に複数のカードを連繋させてよい。その場合、それら全てを同時に公開し、どの順番で効果を生じるかを宣言する。カード名が同じでも違うカードであるなら複数枚連繋させることができる。
  • 追加された文章が対象を選ぶ場合、元の呪文や同時に連繋した他のカードと同じ対象を選んでもよい。
    • 神河物語の発売に伴う総合ルール更新により、各々の「対象とする」という単語に対しては、同一の対象を選択できるようになった。
  • 連繋によるコストは追加コストである。マナ・コストを支払うことなく唱える効果で唱えた呪文に連繋した場合でも、連繋によるコストは支払わなければならない。

[編集] 連繋された呪文の特性

  • 連繋された呪文はメインの呪文の特性を持ち、さらに連繋した各カードのルール文を持つ。これは文章変更効果である。呪文は連繋したカードの他の特性(カード名マナ・コスト特殊タイプカード・タイプサブタイプなど)を得ない。得た文章中で、カード名によってカードを示している部分は、そのコピー元のカードではなく、スタックにある連繋された呪文のことを指す。
    • 連繋するカードが特性定義能力を持つならこの限りではないが、現在では特性定義能力と連繋を両方持つカードは存在しない。かつては常在精神/Evermindが該当していた。特性定義能力との相互作用についての詳細は、常在精神の項目を参照。
  • 連繋された呪文がコピーされる場合、唱える時に行われた選択として、連繋によって追加されたルール文章もコピーされる(コピー可能な値)。

[編集] 連繋された呪文の解決

  • 連繋された呪文が対象を取る場合、その対象がこの時点でも適正かどうかを確認する。メインと追加されたルール文章のどちらで対象を取っているかに係わらず、呪文全体の対象のすべてが不正な対象になっていた場合、その呪文は解決されず(立ち消え)、メインの呪文も追加されたルール文章も効果を発揮することはない。
  • 解決される際、メインの呪文の効果が最初に生じ、連繋した順番に追加されたルール文による効果が生じる。あくまで1つの呪文であり、各ルール文の効果の間にプレイヤー優先権を得る機会はない。
  • 呪文は、理由を問わず、スタックを離れた時点で、連繋による変更を失う。

[編集] その他

  • 「連繋」は「れんけい」と読む。意味は「連係」と同じ。「連携」とは意味も違うので注意。

[編集] 開発秘話

連繋(秘儀)は孤立的メカニズムであり、連繋(インスタントかソーサリー)は後方互換性を上げた改良版と言える。連繋(インスタントかソーサリー)の可能性については神河物語の開発中にすでに発見されていたのだが、セット全体を変更するには遅すぎた[1]

その後ラヴニカへの回帰ラヴニカのギルドで、連繋(インスタントかソーサリー)をイゼット団/The Izzet Leagueの固有メカニズムとすることが検討されたが、いずれもボツとなった[2]。最終的にモダンホライゾンで、連繋(インスタントかソーサリー)が初登場した。

[編集] 脚注

  1. Modern Times/モダン・タイムスMaking Magic 2019年6月10日 Mark Rosewater著)
  2. Guild to Order, Part 1/支配するギルド その1(Making Magic 2018年9月10日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20190712.0

QR Code.gif