提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Godクリーチャー・タイプの1つ。その次元/Planeにおいて強い影響力を持ち、多大な信仰・崇敬を集める、具象化した神性である。


Heliod, God of the Sun / 太陽の神、ヘリオッド (3)(白)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの白への信心が5未満であるかぎり、太陽の神、ヘリオッドはクリーチャーではない。(あなたの白への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(白)の数に等しい。)
あなたがコントロールする他のクリーチャーは警戒を持つ。
(2)(白)(白):白の2/1のクレリック(Cleric)・クリーチャー・エンチャント・トークンを1体生成する。

5/6


The Scarab God / スカラベの神 (3)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — 神(God)

あなたのアップキープの開始時に、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失い、あなたは占術Xを行う。Xはあなたがコントロールするゾンビ(Zombie)の総数に等しい。
(2)(青)(黒):墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを追放する。黒の4/4のゾンビであることを除きそれのコピーであるトークンを1体生成する。
スカラベの神が死亡したとき、次の終了ステップの開始時に、これをオーナーの手札に戻す。

5/5


Ilharg, the Raze-Boar / 猪の祟神、イルハグ (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 猪(Boar) 神(God)

トランプル
猪の祟神、イルハグが攻撃するたび、あなたはあなたの手札からクリーチャー・カード1枚を、タップ状態で攻撃している状態で戦場に出してもよい。次の終了ステップの開始時に、そのクリーチャーをあなたの手札に戻す。
猪の祟神、イルハグが死亡するか戦場から追放領域に置かれたとき、あなたはこれをオーナーのライブラリーの一番上から3枚目に置いてもよい。

6/6

テーロス・ブロックの15柱の伝説のクリーチャー・エンチャント達が初出。しばらくはそれら専用のクリーチャー・タイプだったが、アモンケット・ブロック以降複数のカード・セットで再登場している。

いずれもサイクルで収録されている神話レアであり、強大なサイズ(高いマナレシオ)と、その不滅性を表す能力(破壊不能など)を併せ持った、非常に強力な伝説のクリーチャーとしてデザインされている。また、テーロス/Therosの神々およびアモンケット収録の5柱の神は、ある一定の条件を満たさなければ戦闘へ参加できなくなる、「顕現」を表すペナルティ能力が課せられているのが特徴。#該当カードのそれぞれの項も参照のこと。

神を参照するカードに神討ち/Deicide栄光の刻/Hour of Glory万神殿の祭壇/Altar of the Pantheonが存在する。

神はいずれも伝説であり、伝説の神はテーロス還魂記現在、総枚数に等しい35枚が存在する(「伝説の(Legendary)・神(God)」でWHISPER検索)。

  • 神河/Kamigawaに住まう神/Kamiとは別物。彼らはカード上ではスピリットのクリーチャー・タイプを持つ。
    • 「フレイバー的に神々なだけのクリーチャーは何度も作っている」とも語られている[1]。神河の神もそうだし、シャドウムーア・ブロック亜神サイクルなどはその典型だろう。
    • 神河物語明神(伝説のスピリットサイクル)に関しては、テーロスやアモンケットのそれと非常に概念が近い「神」であると公式記事でも触れられている[2]
  • 神の下位的存在を表すクリーチャー・タイプとして、亜神が存在する。

[編集] 該当カード

テーロス・ブロックテーロス還魂記
アモンケット・ブロック
灯争大戦
その他

[編集] ストーリー

[編集] テーロス/Theros

テーロス/Therosに住まう者達から崇められている大いなる者達。ニクス/Nyxと呼ばれる星空の世界に住まい、それぞれが次元/Planeの根底をなす様々な物事を司っている。

詳細は神 (テーロス・ブロック)を参照。

[編集] アモンケット/Amonkhet

王神/The God-Pharaohによって創造された5柱の偉大なる存在。定命の人々を守護するとともに、彼らを輝かしい「来世」へと育て導く、非常に名誉な使命を授けられている。

詳細は神 (アモンケット・ブロック)を参照。

[編集] 灯争大戦

永遠衆/Eternalとして加工されたアモンケット/Amonkhetの4柱の神々、「永遠神/God-Eternal」がラヴニカ/Ravnicaへ送り込まれた。時を同じくして、ラヴニカ土着の祟神イルハグ/Ilhargが目覚める。

[編集] 脚注

  1. Amonkhet Down to Business, Part 1/『アモンケット』に入ろう その1(Making Magic 2017年4月3日 Mark Rosewater著)
  2. Development Questions with Amonkhet/『アモンケット』でのデベロップの疑問(Latest Developments 2017年4月14日 Sam Stoddard著)

[編集] 参考

QR Code.gif