蠍の神/The Scorpion God

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Scorpion God / 蠍の神 (3)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 神(God)

-1/-1カウンターが置かれているクリーチャーが1体死亡するたび、カードを1枚引く。
(1)(黒)(赤):他のクリーチャー1体を対象とし、それの上に-1/-1カウンターを1個置く。
蠍の神が死亡したとき、次の終了ステップの開始時に、これをオーナーの手札に戻す。

6/5

アモンケット/Amonkhetの失われた神々の一柱。黒赤は、墓地から手札戻る能力に加え、-1/-1カウンター置かれているクリーチャー死亡するとカード引く誘発型能力、そして-1/-1カウンターを置く起動型能力を持つ。

能力に自己完結したシナジーがあり、相手のクリーチャーを除去しつつドローできる。ボード・アドバンテージハンド・アドバンテージを同時に稼ぐ、黒赤という色の組み合わせには貴重な能力。回避能力は持たないもののサイズが大きく復活能力を持つ上、チャンプブロックされても能力を起動することでアドバンテージを得られる。特に小型クリーチャーを多用する高速ビートダウンに対して有用。反面、クリーチャーを少数に留めるコントロール中型大型クリーチャーが多めのミッドレンジには起動型能力の効果が薄め。

自分のクリーチャーも効果の範疇内なので、3マナ立てておけば他のクリーチャーの死亡対応して能力を起動することで手札の補充を図れる。また-1/-1カウンターを置くカード全般ともシナジーがあり、毒の責め苦/Torment of Venomのような相手のクリーチャーに置くカードはもちろん、アムムトの永遠衆/Ammit Eternalなど自らに-1/-1カウンターを乗せていくクリーチャーのペナルティ能力の逆用を狙ってもよい。

スタンダードでは、黒赤コントロールなどに採用される。

  • 単純なマナレシオは3体の中で最も大きい。
  • 自身が-1/-1カウンターを置かれた状態で死亡した場合でも、ドロー能力は誘発する。ただし自身は起動型能力の対象外なので、これ単体ではあらかじめ自身に置いてドローを誘発させる事はできない。
  • -1/-1カウンターを置く能力はストーリー通り破壊不能を持つを殺害できる(ボーラス側の三神は殺害されても自力で復活できるが)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

破滅の刻多色サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー

王神/the God-Pharaohことニコル・ボーラス/Nicol Bolasである青黒赤のうち2色を持つ。誘発型能力と、それとシナジーを持つ起動型能力死亡したときに次の終了ステップの開始時にオーナー手札に戻る能力を持つ。

アモンケットに収録された試練の神々とは意図的に違ったデザインになっている。これは将来のデザインの幅を確保するためであり、またストーリー上の役割の違いの反映でもある(参考/翻訳)。

[編集] ストーリー

蠍の神/The Scorpion Godアモンケット/Amonkhetの一柱。かつてニコル・ボーラス/Nicol Bolasに封印されていたが、ボーラスの再来と共に復活。試練の神々を葬り去る。

詳細は蠍の神/The Scorpion God (ストーリー)参照。

[編集] 参考

QR Code.gif