血の炎、ガルナ/Garna, the Bloodflame

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Garna, the Bloodflame / 血の炎、ガルナ (3)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

瞬速
血の炎、ガルナが戦場に出たとき、このターンにいずれかの領域からあなたの墓地に置かれたクリーチャー・カードをすべてあなたの手札に戻す。
あなたがコントロールしている他のクリーチャーは速攻を持つ。

3/3

瞬速に加え、墓地からのクリーチャーカード大量回収のETB能力と、自身以外への熱情/Fervorを内蔵した伝説の人間戦士

ETB能力は悪人に休息なし/No Rest for the Wicked起動型能力黄昏の番人/Twilight ShepherdのETB能力に似ているが、それらと違って戦場以外から墓地に置かれたクリーチャー・カードも回収できるのが特徴的。これにより、全体除去を撃たれたターンでのリカバリーだけでなく、サイクリングルーター捨てたクリーチャー・カードや、ライブラリーを削って墓地に落としたクリーチャー・カードなどを回収して純粋にカード・アドバンテージを得ることも可能になっている。更に全体速攻付与によって、手札に戻したクリーチャーを展開して即座に総攻撃を行うことも可能になっているため、ビートダウンの息切れ防止手段兼奇襲の一手として運用することができる。

自身の5マナという重さはネックであり、更に単独では戦場に出た後は3/3とマナレシオの悪い実質バニラとなってしまう点は注意。全体除去に備えて5マナを構え続けるのはテンポを大きく阻害するし、タイミングを誤って全体除去を食らってしまった後にガルナを出せなかった場合は価値が半減してしまう。更に残骸の漂着/Settle the Wreckageなどの追放除去にはもちろん無力であるため、これを当てにし過ぎるのはリスクを伴う。やはり墓地肥やしやサイクリングなどでも回収できるという点も活かしてこそ真価を発揮するだろう。

レガシーでは早速The Spyに居場所を見出した。欄干のスパイ/Balustrade Spyライブラリーをひっくり返した後に、戦慄の復活/Dread Returnで血の炎、ガルナを戻し、能力でElvish Spirit Guide猿人の指導霊/Simian Spirit Guide野生の朗詠者/Wild Cantor研究室の偏執狂/Laboratory Maniac通りの悪霊/Street Wraithが手札に戻ってくるため、これらを順次使用していけば勝利できるという算段だ。

リミテッドでは適当な相討ち要員を回収しても強力であるし、運よくボムレアへの除去に合わせられれば目論見を大きく崩せる。更に速攻付与によってダメージレースの計算を大きく狂わせられるなど悪くない性能。構築では重さをクリアできるようなミッドレンジでの全体除去対策か、サイクリングや墓地肥やしなどとのシナジーを活用できるデッキが成り立てば採用の余地はあるか。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ドミナリアアンコモンの2伝説のクリーチャーサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif