スリヴァー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スリヴァー/Sliverは、クリーチャー・タイプの1つ。マジック:ザ・ギャザリングオリジナルの種族である。


Winged Sliver / 有翼スリヴァー (1)(青)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

すべてのスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは飛行を持つ。

1/1


Sliver Queen / スリヴァーの女王 (白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — スリヴァー(Sliver)

(2):無色の1/1のスリヴァー(Sliver)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

7/7


Manaweft Sliver / マナ編みスリヴァー (1)(緑)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

あなたがコントロールするスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは「(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。

1/1

テンペスト・ブロックで初めて登場し、その後レギオンスカージ時のらせんブロックに再登場した。基本セット2014基本セット2015でも再登場したが、背景設定やメカニズムが大きく変更され論議を呼んだ。

時のらせんまでは全てのに同数ずつ存在していたが、次元の混乱ではに1枚多く存在するため、バランスが崩れてしまった。基本セット2014では赤緑白の3色を中心に据え、にはレアのスリヴァーしか存在しないなどさらに大きくバランスが崩れた。単色以外に、2色や無色アーティファクト・クリーチャー)のものもおり、さらには数少ない5色カードのうちの4枚、スリヴァーの女王/Sliver Queenスリヴァーの首領/Sliver Overlordスリヴァー軍団/Sliver Legion巣主スリヴァー/Sliver Hivelordを擁する。

初めから部族メカニズムを意識して作られたクリーチャー・タイプであり、スリヴァー同士で同じ能力を共有する。修整値を計算しやすくするためか、パワータフネスの値が等しい(正方)という共通点も持つ。

大半のカード名が、英語では1語に続く「_____ Sliver」、日本語では漢字2文字に続く「○○スリヴァー」という形式でなるべく統一されているのも特徴。テンペスト・ブロックではマナ・コストサイズサイクルで完全に統一されていたが、再登場を重ねるにつれ、その統一感は崩されつつある。基本セット2014および基本セット2015ではロードに倣い、自分のコントロールするクリーチャーにのみ恩恵を与える形に変更された。

スリヴァー自身以外の部族カードとしては、時のらせんブロックに巣石/Hivestoneヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermageがある。

スリヴァー・トークンを生み出すカードは、スリヴァーの女王/Sliver Queen繁殖スリヴァー/Brood Sliverスリヴァー鍛冶/Sliversmith巣の活性化/Hive Stirringsスリヴァーの巣/Sliver HiveヴァンガードSliver Queen, Brood MotherSliver Queen Avatarがある。

伝説のスリヴァーはいずれも5色クリーチャーであり、スリヴァーの女王、スリヴァーの首領/Sliver Overlordスリヴァー軍団/Sliver Legion巣主スリヴァー/Sliver Hivelordの4体である(基本セット2015現在)

[編集] ストーリー

「Sliver」は和訳すると「細長い小片、裂片」とか「鋭く切り裂く」といった意味で、容姿もナイフの切っ先のような頭と鉤爪を持っている。雌雄同体である。

スリヴァー達はまるで共通の脳を持つように、集合意識によって活動する。個々のスリヴァーはそれぞれ異なった特質を持つが、周囲のスリヴァーを"読む"事でその特質を分け合う事ができる。ただし距離が離れると共有が解けてしまう。

ラース/Rath
ヴォルラス/Volrathが実験のために次元の門を使って持ち込んだ種族(参考1参考2)。要塞/Strongholdを巣として生息している。ラースの被覆/Rathi Overlayの際に女王は死亡し、群れは壊滅的打撃を受ける。
ドミナリア/Dominaria
激浪計画/Riptide Projectにより復活し、その制御下を離れオタリア大陸で大暴れした。AR46世紀でもドミナリア全体の脅威となっている。
シャンダラー/Shandalar
キチン質の外殻を持つ事は同じだが、二足歩行で人間に近い体型となり頭部からドレッドヘアーのような触手を生やした容姿となっている。彼らがラースのスリヴァーの起源なのか、それともシャンダラーへ何らかの理由で流れ着いたスリヴァーが進化したものなのかは不明。
  • Mark Rosewaterにより、スリヴァーの起源はラースではなく現在のところ未登場の世界である事が明かされた(参考1参考2)。
  • QueenやOverlordといったネーミングや、集合精神(Hive Mind)を持つことなど、開発部所内で流行した世界的RTSゲーム「StarCraft」内に登場する種族である「Zerg」のイメージが随所に散見される。
    • 外観はZergの代表的なユニットの一つ、「Hydralisk」から来ていると思われる。
    • StarCraft側においても、"the gathering"(アビリティがエネルギーを無視して無制限に使えるようになる)というチートコードが存在したり、スタッフクレジットのスペシャルサンクスにウィザーズ・オブ・ザ・コーストがあったりする。
  • スリヴァーは元々エコーと同じく、Mike Elliottウィザーズ・オブ・ザ・コーストで働くようになる前に作った「天空の道/Astral Ways」というセットのためにデザインしたものだった。
    • 元々のフレイバーは、星の世界のある人物が細かく分裂し、スリヴァーとしてこちらの世界に落ちてきたというものだった。これらのクリーチャーはすべてが1つの存在の一部であり、だからこそ一体となって動くのだ(スリヴァー・パイ)。

[編集] 関連ページ

[編集] 参考

QR Code.gif