ターボバランス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ターボバランス(Turbo Balance/Balancing Tings)とは、平等化/Balancing Actキーカードにしたコントロールデッキ。名前の由来は平等化/Balancing Actから。そのまま「バランシングアクト」と呼ぶこともあったようだ。

目次

[編集] 概要

コンセプトはターボジョークルと似たようなもの。サクリファイスランドによって大量のマナを確保すると同時にパーマネントを減らし、平等化/Balancing Actによるリセットで反撃手段を絶った後、フィニッシャーを出してゲームを決める。


Balancing Act / 平等化 (2)(白)(白)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分がコントロールするパーマネントを、コントロールするパーマネントの数がもっとも少ないプレイヤーと同じ数だけ選ぶ。その後残りを生け贄に捧げる。同じ方法で、各プレイヤーはカードを捨てる。



Terravore / 土を食うもの (1)(緑)(緑)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

トランプル
土を食うもののパワーとタフネスは、それぞれすべての墓地にある土地カードの数に等しい。

*/*

フィニッシャーには土を食うもの/Terravoreが主に使用される。基本的にすべての土地がサクリファイスランドであり、リセット後は墓地に大量の土地カードが溜まるため、巨大サイズとなった土を食うもので瞬殺することができる。

マナの管理が非常に面倒臭いことで知られる。主な原因はインベイジョンのサクリファイスランドの色マナの出方が変則的だったり、オデッセイなどのマナフィルターが多いため。気をつけないと、マナを出し切って(つまり土地を生け贄に捧げて)から平等化や土を食うもののダブルシンボル支払えないことに気付くという悲劇もよく起こる。慣れないうちはメモをとってちゃんと確認するとよい。

[編集] インベイジョン・ブロック+オデッセイ・ブロック期

スタンダードでは、抹消/Obliterateドロー補助のために、赤緑白青で組まれることが多かった。


Obliterate / 抹消 (6)(赤)(赤)
ソーサリー

この呪文は打ち消されない。
すべてのアーティファクトと、すべてのクリーチャーと、すべての土地を破壊する。それらは再生できない。



Nimble Mongoose / 敏捷なマングース (緑)
クリーチャー — マングース(Mongoose)

被覆(このクリーチャーは呪文や能力の対象にならない。)
スレッショルド ― あなたの墓地にカードが7枚以上あるかぎり、敏捷なマングースは+2/+2の修整を受ける。

1/1

フィニッシャーには土を食うもの/Terravoreに加えて、リセットボタンとの相性の良さから敏捷なマングース/Nimble Mongooseが採用される。

序盤に猛攻をかけられると弱く、トーメント登場後、マッドネスステロイドの隆盛で鳴りを潜めた。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (8) 1 熊の谷/Bearscape
4 土を食うもの/Terravore 2 解呪/Disenchant
4 敏捷なマングース/Nimble Mongoose 2 十二足獣/Dodecapod
呪文 (24) 1 枯渇/Mana Short
3 オアリムの詠唱/Orim's Chant 3 記憶の欠落/Memory Lapse
4 平等化/Balancing Act 1 秘教の処罰者/Mystic Enforcer
4 火+氷/Fire+Ice 1 探索するフェルダグリフ/Questing Phelddagrif
4 彩色の宝球/Chromatic Sphere 1 オアリムの詠唱/Orim's Chant
3 抹消/Obliterate 3 排撃/Repulse
3 中略/Syncopate
3 嘘か真か/Fact or Fiction
土地 (28)
4 ほくちの加工場/Tinder Farm
4 用水路/Irrigation Ditch
4 古き泉/Ancient Spring
4 地熱の割れ目/Geothermal Crevice
2 硫黄孔/Sulfur Vent
4 海底の瓦礫/Seafloor Debris
2 森林地の廃墟/Timberland Ruins
4 遺跡発掘現場/Archaeological Dig

[編集] エクステンデッド

ラヴニカ:ギルドの都参入後のエクステンデッドでも同様のデッキは組まれている。浅原晃が一時期愛用していたバージョンが有名。→#サンプルレシピ(ノーマル型)


Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)



Burning Wish / 燃え立つ願い (1)(赤)
ソーサリー

あなたは、ゲームの外部にあるあなたがオーナーであるソーサリー・カード1枚を選び、そのカードを公開し、あなたの手札に加えてもよい。燃え立つ願いを追放する。


基本的なコンセプトはスタンダードものと同じで、サクリファイスランドから平等化/Balancing Actにつなげてフィニッシャー土を食うもの/Terravoreを出す。

燃え立つ願い/Burning Wishを使用することにより高確率で平等化/Balancing Actにアクセスできるほか、壌土からの生命/Life from the Loamによる土地リカバリーも可能としている。

いくつかのバリエーションはあり、ドローではなく腹黒い夢/Insidious Dreamsで安定化を図るものも存在する(→#サンプルレシピ(Balancing Tings型)。また、不朽の理想/Enduring Idealをメインに据えたタイプもある。

[編集] サンプルレシピ(ノーマル型)

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (4) 1 メフィドロスの吸血鬼/Mephidross Vampire
4 土を食うもの/Terravore 1 トリスケリオン/Triskelion
呪文 (30) 1 平等化/Balancing Act
2 オアリムの詠唱/Orim's Chant 1 枯渇/Mana Short
3 平等化/Balancing Act 1 無垢の血/Innocent Blood
2 枯渇/Mana Short 3 紅蓮地獄/Pyroclasm
4 燃え立つ願い/Burning Wish 3 帰化/Naturalize
3 一瞬の平和/Moment's Peace 1 壌土からの生命/Life from the Loam
2 ワームの咆哮/Roar of the Wurm 3 歯と爪/Tooth and Nail
4 火+氷/Fire+Ice
4 彩色の宝球/Chromatic Sphere
2 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
4 テラリオン/Terrarion
土地 (26)
4 ほくちの加工場/Tinder Farm
4 用水路/Irrigation Ditch
4 古き泉/Ancient Spring
3 地熱の割れ目/Geothermal Crevice
2 見捨てられた前哨地/Abandoned Outpost
2 海底の瓦礫/Seafloor Debris
3 荒らされた高地/Ravaged Highlands
4 遺跡発掘現場/Archaeological Dig

[編集] サンプルレシピ(Balancing Tings型)

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (5) 1 平等化/Balancing Act
4 土を食うもの/Terravore 1 抹消/Obliterate
1 ドラコ/Draco 1 枯渇/Mana Short
呪文 (31) 1 紅蓮地獄/Pyroclasm
3 オアリムの詠唱/Orim's Chant 2 一瞬の平和/Moment's Peace
3 平等化/Balancing Act 1 天啓の光/Ray of Revelation
2 差し戻し/Remand 1 クローサの掌握/Krosan Grip
4 腹黒い夢/Insidious Dreams 2 強迫/Duress
4 燃え立つ願い/Burning Wish 2 種蒔き時/Seedtime
1 うつろう爆発/Erratic Explosion 1 根絶/Extirpate
3 火+氷/Fire+Ice 2 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
4 睡蓮の花/Lotus Bloom
4 テラリオン/Terrarion
2 彩色の星/Chromatic Star
1 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
土地 (24)
4 ほくちの加工場/Tinder Farm
4 用水路/Irrigation Ditch
4 古き泉/Ancient Spring
2 硫黄孔/Sulfur Vent
4 地熱の割れ目/Geothermal Crevice
4 遺跡発掘現場/Archaeological Dig
2 ヴェズーヴァ/Vesuva

[編集] 参考

QR Code.gif