パーティー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

パーティー/Partyはルール用語の1つ。


Archpriest of Iona / イオナの大司祭 (白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

イオナの大司祭のパワーはあなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数に等しい。(あなたのパーティーは、ウィザード(Wizard)とクレリック(Cleric)とならず者(Rogue)と戦士(Warrior)それぞれ最大1体から構成される。)
あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたのパーティーが全員そろっている場合、クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受け飛行を得る。

*/2


Coveted Prize / 切望の報奨 (4)(黒)
ソーサリー

この呪文を唱えるためのコストは、あなたのパーティーを構成しているクリーチャー1体につき(1)少なくなる。(あなたのパーティーは、ウィザード(Wizard)とクレリック(Cleric)とならず者(Rogue)と戦士(Warrior)それぞれ最大1体から構成される。)
あなたのライブラリーからカード1枚を探し、あなたの手札に加え、その後ライブラリーを切り直す。あなたのパーティーが全員そろっているなら、あなたはあなたの手札からマナ総量が4以下の呪文1つを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


目次

[編集] 定義

プレイヤーのパーティーを構成するクリーチャーの数に言及しているカードが存在する。プレイヤーのパーティーは、「ウィザード」「クレリック」「戦士」「ならず者」の4種類のクリーチャー・タイプ最大1体ずつからなる。

プレイヤーのパーティーを構成するクリーチャーの数が4である場合、「パーティーが全員そろっている/have a full party」と言う。

効果が各プレイヤーにそれぞれ自分がコントロールしているクリーチャーの中からパーティーを選ばせる(団結/Stick Together)場合、4つのクリーチャー・タイプにつきそれぞれ、各プレイヤーは自分がコントロールしていてそのタイプであるクリーチャー最大1体を選ぶ。

[編集] 解説

異なる技能を持った者たちが力を合わせて冒険することを表したメカニズムゼンディカーの夜明けで初登場し、統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い統率者デッキで再登場した。

ゼンディカーの夜明けでは全無色アーティファクト)に存在し、パーティーの構成に応じて唱えるコストが少なくなるもの、ダメージP/T修整値に影響するもの、パーティーが全員そろっている場合に特定の効果が発生するものなどが存在する。

リミテッドで機能させるため、ゼンディカーの夜明けでは各職業でのごとの開封比を第1色~第3色と存在しないの4つに分類し、のみすべての職業の第3色とすることで各職業をすべての色に均等に振り分けている。分布的に2色の組み合わせでは白青黒赤の組み合わせが最もパーティーを構成しやすい。

クリーチャー・タイプ
クレリック 第1色 第3色 第2色 第3色
ならず者 第2色 第1色 第3色 第3色
戦士 第2色 第3色 第1色 第3色
ウィザード 第3色 第1色 第2色 第3色

[編集] ルール

あなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数」を決定するには、以下の4つの項目をチェックする。

  • あなたはクレリックをコントロールしているか。
  • あなたはならず者をコントロールしているか。
  • あなたは戦士をコントロールしているか。
  • あなたはウィザードをコントロールしているか。

これらのチェック項目のうち答えが「はい」であったものの総数が求める値になる。ただし、あなたがコントロールしている1体のクリーチャーは、それらのチェック項目のうち1つのみでしか考慮できない。

1体のクリーチャーがパーティーのクリーチャー・タイプを2つ以上持っていて、そのクリーチャーの扱いによってパーティーを構成するクリーチャーの総数が変わるなら、それらの総数のうち最大のものを採用する。たとえば、あなたがクレリック1体とクレリック・ウィザード1体をコントロールしているなら、あなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数は2体である。先にクレリック・ウィザードをクレリックとして扱うことで、総数を1体とみなすようなことはできない。

あなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数を参照する能力は0以上4以下の数値を得る。そのような能力はあなたのパーティーを構成しているクリーチャーがどれなのかを問うことはなく、あなたが特定のクリーチャーをあなたのパーティーを構成するものとして指定することもない。何体かのクリーチャーを数えないことにして、求める総数を減らすということはできない。

  • 1体のクリーチャーが満たせるチェック項目は最大で1つまでである。タジュールの模範/Tajuru Paragon血統詐称者/Bloodline Pretenderのように複数のチェック項目を満たせる場合でも、パーティー内のクリーチャー・タイプを兼任させることはできない。「パーティーが全員そろっている」を満たすには、最低4体のクリーチャーをコントロールしている必要がある。
  • 複数のクリーチャー・タイプを持つクリーチャーをどのチェック項目に該当させるかによって「あなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数」が変化する場合、チェック項目を満たしている数が最大となるように割り振る。これは強制であり、意図的に減少させるように数えることはできない。
  • あなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数に基づいて呪文のコストが少なくなる場合、あなたがその呪文を唱え始めてからあなたがそのコストを支払うまでの間には、どのプレイヤーもその値の変更を試みることはできない。
  • クリーチャーの能力があなたのパーティーを構成しているクリーチャーの総数を参照する場合、その値は能力を解決する時点で決定する。能力を解決する時点でそのクリーチャーが戦場にある場合、適切ならそれ自身も数に入れる。

[編集]

コントロールしているクリーチャー パーティー総数 全員そろっている
クレリック
ならず者
戦士
ウィザード
4
クレリック
クレリック
ならず者
ならず者
戦士
ウィザード
4
クレリック
戦士
ならず者
多相
4
クレリック・ウィザード
クレリック・ウィザード
ウィザード・ならず者
多相
4
多相
多相
多相
多相
4
クレリック・ウィザード
ならず者
多相
3 ×
クレリック・ウィザード
ならず者・戦士
2 ×
クレリック
ウィザード
クレリック・ウィザード
2 ×
クレリック・ならず者・戦士・ウィザード
クレリック・ならず者・戦士・ウィザード
2 ×
クレリック・ならず者・戦士・ウィザード 1 ×
多相 1 ×

[編集] その他

[編集] 開発秘話

パーティーで参照される4つのクリーチャー・タイプは、ダンジョンズ&ドラゴンズに登場する、標準的な冒険者パーティーを構成するクラスであるファイターウィザードクレリックローグに基づいている。ウィザード、クレリック、ローグ(ならず者)はクリーチャー・タイプとして存在するが、ファイターのみ存在しないため代わりに戦士(Warrior)が採用された。

5つの色に対応させるため、5つ目の職業としてドルイドを入れることも検討されたが、5種類にするとうまく機能せず、不採用となった。そのため、上記のように5つの色に4つの職業を振り分ける方法を取ることになった。

[編集] 脚注

  1. Going Baldur's Gate, Part 1/バルダーズ・ゲートに行こう その1Making Magic 2022年5月23日 Mark Rosewater著)
  2. Going Baldur's Gate, Part 2/バルダーズ・ゲートに行こう その2(Making Magic 2022年5月30日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220610.1

QR Code.gif