目覚めた猛火、チャンドラ/Chandra, Awakened Inferno

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Awakened Inferno / 目覚めた猛火、チャンドラ (4)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

この呪文は打ち消されない。
[+2]:各対戦相手はそれぞれ「あなたのアップキープの開始時に、この紋章はあなたに1点のダメージを与える。」を持つ紋章を得る。
[-3]:目覚めた猛火、チャンドラはエレメンタル(Elemental)でない各クリーチャーにそれぞれ3点のダメージを与える。
[-X]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。目覚めた猛火、チャンドラはそれにX点のダメージを与える。このターン、これによりダメージを与えられたパーマネントが死亡するなら、代わりにそれを追放する。

6

基本セット2020神話レアチャンドラ打ち消されない能力を持ち、忠誠度能力対戦相手ダメージを与える紋章の付与、全体火力追放つきX火力

+2能力
1ターンあたり1点と微々たる効果で、重いので付与から十分なターン数を稼げるとも限らないが、プラス能力でありながら紋章として与える点が凶悪。
1回ではさすがに頼りないが、複数回起動できれば勝利が大きく近づくだろう。
放浪者/The Wandererなどを維持されると止まってしまうことは留意しておく必要がある。
-3能力
エレメンタルを除く3点全体火力。
シンプルかつ十分な性能。しかし、同セットに存在する各種エレメンタルや世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the Worldの+1能力による土地、野茂み歩き/Wildgrowth Walker遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kinなど登場時のスタンダードにおいても効かない相手は多く、そういった相手は下の能力で対処することになる。
逆に、自分がそういったカードを使えばクリーチャーを立たせつつ全体を焼き払うことができるので、全体火力としては一長一短と言えるだろう。
-X能力
山伏の炎/Yamabushi's Flame系の火力。ただしプレイヤーには飛ばない。
-3能力では対処できない脅威はこちらで除去することになり、特に+2能力から入っていれば対応できる範囲はなかなか広い。

対処困難な継続ダメージで相手を追い詰める+2能力が要であり、弱点は多いが相応の長所もあるフィニッシャー。忠誠度が高い状態を保ちやすく、打ち消されない点や紋章の被害が大きくなりやすいコントロールのみならずクリーチャー主体のデッキにとっても嫌らしいカードである。

登場直後のスタンダードではティムール・エレメンタルグリクシス・コントロールビッグ・レッドなどで採用されている。

[編集] ルール

+2能力
  • ダメージの発生源は紋章である。紋章は色を持たず、またそのコントローラー対戦相手自身である。
  • ルール適用度が競技以上の大会では誘発忘れに注意すること。対戦相手のチャンドラによってあなたに紋章を与えられた場合でも、ダメージの誘発はあなたが管理する必要がある。
  • 多人数戦で目覚めた猛火、チャンドラのオーナーがゲームから除外されても、対戦相手が得た紋章は消滅することはない。紋章のオーナーは対戦相手自身である。
    • リリース・ノートのカード別注釈では「多人数戦では、あなたも《目覚めた猛火、チャンドラ》もゲームから除外された後にも、対戦相手は燃え続けるのである。」と表現されている[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020チャンドラの垂直サイクルアンコモン以上の各稀少度に1枚ずつ存在しており(プレインズウォーカーデッキを除く)、それぞれがチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarの人生の異なる時代を表している。

基本セット2020神話レアプレインズウォーカーサイクル

[編集] ストーリー

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. 『基本セット2020』リリースノート(Daily MTG 2019年6月25日)
QR Code.gif