織り手のティムナ/Tymna the Weaver

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tymna the Weaver / 織り手のティムナ (1)(白)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

絆魂
あなたの戦闘後メイン・フェイズの開始時に、あなたはX点のライフを支払ってもよい。Xはこのターンに戦闘ダメージを与えられた対戦相手の人数に等しい。そうしたなら、カードをX枚引く。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

2/2

統率者2016共闘を持つ伝説のクリーチャーサイクルの1人。絆魂に加え、あなたの戦闘後メイン・フェイズの開始時に、このターン戦闘ダメージを与えられた対戦相手の数だけライフを支払ってドローできる能力を持つ。

単体では概ね3マナ2/2絆魂の泥棒カササギ/Thieving Magpieと言える。ライフを支払う必要こそあるものの、これ自身が攻撃しているなら自らライフを調達してくれるので自己完結している。マナレシオは少々貧弱だが、自らが攻撃しなくとも他のクリーチャーの攻撃が通っていればドローはできるのがありがたい。統率者戦などの多人数戦ならば更に多くのカード引ける可能性もあり、を含まないデッキでは継続的にカード・アドバンテージを取れる手段は貴重。

共闘を持つ軽いクリーチャーであることも重要で、序盤から攻撃をしてアドバンテージを得られ、もう一方の統率者のサポートになる。統率者2016内での相方候補としては、クリーチャーの頭数を確保してくれる血を蒔く者、ターナ/Tana, the Bloodsowerや軽さから最序盤に攻撃できる綱投げ、アキリ/Akiri, Line-Slinger、ティムナ自身も含めた自軍に回避能力を付与してくれるジャムーラのシダー・コンド/Sidar Kondo of Jamuraaあたりが有力か。これらの色の組み合わせは青を含まないため、ティムナがもたらすカード・アドバンテージがありがたいだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2016共闘を持つ神話レア伝説のクリーチャーサイクル。いずれも2色のクリーチャー

統率者2016共闘を持つレア伝説のクリーチャーサイクル。いずれも対抗色の2色クリーチャー

[編集] 参考

QR Code.gif