顔なしの解体者/Faceless Butcher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Faceless Butcher / 顔なしの解体者 (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ナイトメア(Nightmare) ホラー(Horror)

顔なしの解体者が戦場に出たとき、顔なしの解体者以外のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
顔なしの解体者が戦場を離れたとき、その追放されたカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

2/3

ナイトメア能力によってクリーチャーを1体追放できるナイトメアホラー被覆プロテクション)などを持たないクリーチャーは基本的に無条件で除去できる上に、2/3クリーチャーがオマケについてくる。リミテッドではもちろんのこと、構築でもしばしば使われた。こいつ自身が除去されると元に戻ってしまうとはいえ、タフネスが3で、も黒なので意外とやられづらい。

自分のクリーチャーを追放する使い方もある。こちらの頭数が増えないので普遍的ではないが、視点を変えればこれによって味方を一時的に戦場から離れさせることで「重要クリーチャーを逃がしておいて全体除去を撃つ」というようなコンボのパーツとして使える。他にもETB能力持ちを追放して再利用したりできるなど、覚えておいて損は無い。逆に対戦相手のクリーチャーを除去している際に全体除去が飛んでくると友情コンボとなってしまう点には注意したい。

1つ目の能力スタックに乗っている間にこれ自体が戦場を離れると、2番目の能力が先に解決されるため、対象のクリーチャーをほぼ完全に追放することができる(ナイトメア能力#ルールも参照)。ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskあたりがいると実行しやすい。バウンスを使えばさらにもう一度能力を使えるのでより有効である。

  • 獣群の呼び声/Call of the Herdなどのトークンを除去した場合は状況起因処理によって消滅してしまうため、たとえ顔なしの解体者が除去されても戻ってくることはないのでより有効。また、つけられていたオーラも戻ってくることはないのでそちらに対しても有効である。そのため、妨害オーラを張られた自分のクリーチャーを追放する手もある。
  • よく生ける願い/Living Wishでのシルバーバレット要員に使われる。
  • 戦場に出たときの能力は自身を対象にすることができない。これができてしまうと、戦場に出たときの能力で自身を追放し、それによって戦場を離れた時の能力が誘発することで戦場に戻り、再び戦場に出たときの能力が……とお手軽に無限ループができてしまうため。なお、同様のループは顔無しの解体者が3体いれば実現できる。
  • 能力は強制である。戦場に出た時に相手のクリーチャーを対象に取れない場合は、自分の他のクリーチャーを強制的に追放する羽目になってしまうので注意。
    • 出される側は森を護る者/Sylvan Safekeeperなどで自分のクリーチャー全てを顔なしの解体者の能力の対象に出来ないようにすることができる場合、「顔なしの解体者が戦場に出る前」にその状態にしておけば上記の状況に追い込むことが可能となる。
  • 時のらせんタイムシフトカードとして再録。初期の時のらせんブロック構築では、構築レベルの恐怖/Terror系の除去が少なかったので、幽体の魔力/Spectral Forceなどに対抗するために使われた。
  • 「Faceless Butcher」というカード名は、もともとは異形の這うもの/Frightcrawlerにつけられる予定だった。だが、異形の這うもののイラストに口が描かれているため変更され、後にFaceless Butcherというカード名はこのカードに使われることになった。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif