風立ての高地/Windbrisk Heights

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Windbrisk Heights / 風立ての高地
土地

秘匿(この土地はタップ状態で戦場に出る。そうしたとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放する。その後残りをあなたのライブラリーの一番下に置く。)
(T):(白)を加える。
(白),(T):このターン、あなたが3体以上のクリーチャーで攻撃していたなら、あなたはその追放されたカードをそのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。


ローウィン秘匿能力を持つ土地(秘匿ランド)の。白の秘匿は、3体以上のクリーチャー攻撃することでカードプレイできる。

リミテッド構築を問わず、これは達成がかなり容易な部類に入る。ウィニービートダウンなどの手数で押すデッキならば3体以上の攻撃は普通に行われるため使い易い。特にローウィン・ブロックでは、まさに白のキスキンが「攻撃を行う際にメリットが発生する能力」を持つ部族として位置づけられているため、このカードとの相性は抜群。

構築では幽体の行列/Spectral Processionという優秀なトークン生成カードの存在もあり、キスキンデッキを始め白黒トークン赤白ヒバリ緑白トークンといった所謂白系トークンデッキに4枚投入されている。エクステンデッドでも白ウィニーに採用されるほか、マナ・クリーチャーで条件を満たしファッティの高速召喚につなげる緑白秘匿キーカードとなった。モダンでも白黒トークンで採用される。

リミテッドでも3体以上の攻撃は普通に行われるので、白を絡められるならば投入して良いだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン秘匿ランドサイクル。特定の条件下で秘匿したカードマナ・コスト支払わずにプレイできる。

シャドウムーアの”目覚めたクリーチャー”("awakened creature")サイクルと対になっている。括弧内は目覚めたクリーチャー。

秘匿したカードをプレイできるかどうかは、起動型能力解決時のみに条件をチェックする。起動時に条件を満たすかは考慮しない。

[編集] ストーリー

昼の世界ローウィン/Lorwynには、夜の世界シャドウムーア/Shadowmoorの怪物が土地に姿を変えて何世代も目覚めの時、大オーロラ/Great Auroraを待っている。

風立ての高地/Windbrisk Heightsは風の吹きすさぶ絶壁で、風立ての猛禽/Windbrisk Raptorが封じられている。(変貌前の画像変貌後の画像

[編集] 参考

QR Code.gif