夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lurrus of the Dream-Den / 夢の巣のルールス (1)(白/黒)(白/黒)
伝説のクリーチャー — 猫(Cat) ナイトメア(Nightmare)

相棒 ― あなたの開始時のデッキに入っている各パーマネント・カードが、それぞれマナ総量が2以下であること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、ソーサリーとして(3)を支払うことでゲームの外部からそれをあなたの手札に加えてもよい。)
絆魂
あなたの各ターンの間、あなたはあなたの墓地からマナ総量が2以下のパーマネント呪文を1つ唱えてもよい。

3/2

白黒混成伝説のナイトメアデッキパーマネント・カードがすべて2マナ以下なら相棒にできる。

墓地パーマネント唱えられる能力は、生け贄ギミックや墓地肥やしとのシナジーがあるほか、単純に除去戦闘からのリカバリーと見ても有用。3マナ3/2絆魂と単体のスペックもそれなりで、スタンダードでは相棒にせずにメインデッキ複数枚投入の形で利用されることも少なくない。総合的に小回りが利く上にパワフルなデザインで、相棒ルール変更の影響も同時登場の相棒の中では小さい方である、

特筆すべきはその相棒条件の緩さ。カードプールが広いフォーマットならばこの条件を満たすのは極めて容易であり、一切デッキを歪めずに相棒にできることも珍しくない。そのためパイオニアからヴィンテージに至るまで、デルバーバーンストームなど、極めて多様なデッキに採用された。同時にその性能もカードプールに比例し、例えばヴィンテージなら、初期の相棒のルールではBlack Lotusからこのカードを唱え、このカードでBlack Lotusを唱えることでBlack Lotusを消費すらせずにタダでこのカードが現れる形になっていた。このカードの登場でミシュラのガラクタ/Mishra's Baubleの採用率が各フォーマットで急上昇したり、3マナ以上のパーマネントの価値が大きく落ちるなど、多大な影響を与えた。

スタンダードではサクリファイスで採用され始め、波乱の悪魔/Mayhem Devilなどを切り捨ててまでこれを相棒に据えたルールス・サクリファイスが登場したほか、獲物貫き、オボシュ/Obosh, the Preypiercerを相棒にしたオボシュ・サクリファイスでメイン投入も見られた。相棒ルールの変更により例に漏れずスタンダードでも弱体化こそされたものの、サイクリングデッキディミーア・ローグなど著しく相性の良いデッキは依然としてあり、トーナメントシーンで存在感を見せ続けている。

リミテッドでは相棒条件を満たすのは困難。とはいえ普通にメインデッキ内に採用しても十分強力であり、軽いサイクリングクリーチャーなどを唱えられれば理想的。

ヒストリックではアゾリウスオーラオルゾフオーラなどで採用される。

パイオニアではオルゾフオーラボロスバーンの申し子としての地位をほぼ確立しており、ルールの変更もあまり気にされず相棒として採用され続けている。

モダンでは死の影での活躍が目立つ。低コストパーマネントの使い回しは同フォーマットにおいて非常に強力なのでカードプールの拡大によって今後の立ち位置は変わってくるだろう。

上述の通り、カードプールの広いエターナルで最も強力に働く。登場直後から様々なデッキで採用され暴れまわり、瞬く間にレガシーヴィンテージ共に禁止されてしまった禁止までの歴代最速記録更新もさることながら、特に異例中の異例となる「ヴィンテージにおける禁止カード発行」という出来事は大きな話題となった。

[編集] 禁止指定

2020年5月18日付でレガシーとヴィンテージの禁止カードに指定された[1]Magic Onlineメタゲームのデータから両方のフォーマットでルールスを相棒としたデッキのメタゲーム内の占有率と勝率が無視できない高さになっており、メタゲームだけではその流れを抑えることができないと判断された。相棒の性質上制限カードでは使用に影響を及ぼせないため、ヴィンテージでも禁止カードとなった。その後、相棒ルールの変更に伴い、ヴィンテージにおいて追加のマナを支払うことは高いリスクを伴うと判断されたため、2021年2月15日よりヴィンテージにおいて禁止解除となった[2]

  • 最速発売であるデジタル基準で32日の、北米等でのの発売基準では3日でのレガシー禁止となった。これは、「トーナメントで利用可能と同時に禁止カード指定」のものを除けば、記憶の壺/Memory Jar(45日)すら上回る最速のレガシー禁止記録となる。
  • これまでのヴィンテージでの禁止カードはアンティ関係などゲームバランス以外に理由があるものや、そもそも構築での使用を考慮していない策略のみであり、(制限カード指定が意味を成さないという理由があるとはいえ)ゲームバランス上の都合で禁止された初のカードであった。

[編集] ルール

[編集] 相棒の条件

[編集] 墓地から唱える能力

  • 墓地から唱えるパーマネント呪文は、通常のタイミングの許諾や制限に従う。追加コストを含むコストも通常通り支払う必要があるが、変容絢爛などの代替コストで唱えられるならばそれを適用してもよく、そのコストは3マナ以上でも問題ない。
  • 土地プレイすることはできない。
  • 当事者カードは、出来事の側はパーマネント呪文ではないため、唱えることはできない。
  • パーマネント・カードのマナ・コストにXが含まれる場合、それを唱える際に決めたXの値によってその呪文のマナ総量が3以上になるなら、呪文を唱えることは不正となり唱えることはできない(CR:601.2e)。
  • あなたがカードを唱え始めた後は、コストの支払いなどでルールスのコントロールを失ったとしてもその呪文には影響がない。
  • 脱出などルールス以外の効果によってあなたが墓地からカードを唱えることは、ルールスの墓地から唱えられる許諾の回数を減らすことはない。
  • あなたがルールスの効果によって呪文を唱えた後、新たなルールスを戦場に出したり明滅で戦場に出し直したりしたなら、あなたはそのターンにパーマネント呪文をもう1つ墓地から唱えることができる。
  • あなたのメイン・フェイズ中でスタックが空であるときにパーマネント・カードがあなたの墓地に置かれたなら、他のプレイヤーがそのカードをあなたの墓地から除去できるようになる前に(優先権を得る前に)、あなたがそれを唱える機会がある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イコリア:巨獣の棲処相棒クリーチャーサイクル混成カード伝説のクリーチャーで、それぞれ異なる条件の相棒能力を持つ。稀少度レア

[編集] ストーリー

ルールス/Lurrusイコリア/Ikoriaに棲む、ナイトメアの特徴を併せ持つ怪物(イラスト)。

インダサ/Indathaの低地帯で研究を行っていたビビアン/Vivienは、とびきり可愛いナイトメアの仔猫の巣を見つけた。彼女がもっと近くで見ようとしたところ、一筋の煙から母猫が現れ、即座に退散せざるを得なくなった[3]

[編集] 脚注

  1. May 18, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年5月18日 禁止制限告知(News 2020年5月18日 Ian Duke著)
  2. February 15, 2021 Banned and Restricted Announcement/2021年2月15日 禁止制限告知Daily MTG News 2021年2月15日 Ian Duke著)
  3. The Ikoria: Lair of Behemoths Story on Cards(Feature 2020年4月3日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

QR Code.gif