寄付/Donate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Donate / 寄付 (2)(青)
ソーサリー

プレイヤー1人と、あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とする。そのプレイヤーは、そのパーマネントのコントロールを得る。


パーマネントコントロールを他のプレイヤーに押し付ける呪文

こちらがカードを2枚使って相手が1枚得るだけなので、コントローラーに不利益を与えるカードを対戦相手に押し付けるために用いるためのものである。Illusions of Grandeurを押し付けるドネイトデッキが特に有名であり、一時代を築いた。これが使えた時期のスタンダードなら、禁忌の墓所/Forbidden Cryptなどの選択肢もあった。

これが登場する前は、任意のパーマネントのコントロールを相手に強制的に渡すのは一苦労であった。混沌の篭手/Gauntlets of Chaos手品/Legerdemainといった、制限があって重いコントロール交換カードを使うしかなかったのだ。特にそれらのカードが対応していないエンチャントを渡すのは不可能に近かった。そういう意味で、これは画期的なカードであった。しかし、このカードの存在から「ハイリスクハイリターン」なカードのデザインに大幅な制約がかかってしまうようになり、残念ながら失敗デザインの仲間入りをしてしまった[1]

  • 自身を対象にしてもよい。反逆の行動/Act of Treasonなどで一時的にコントロールを得たパーマネントを、自分のコントロール下に「固定」するためにも使える。
  • 対象を2つ取る呪文なので、偏向/Deflection対象を変更できない。
  • まともな使い道が見当たらないカードが出ると、「寄付したら強いんじゃない?」と言われるのはお約束のジョーク。

[編集] 関連カード

あなたのパーマネントを他のプレイヤーに渡す亜種。特筆なければソーサリー

[編集] ストーリー

アカデミー/Academyの学生が、新入生への歓迎として「ビーブル爆弾」を「寄付」している(イラスト)。

キャンパスの悪ふざけ学生たちは昔ながらの「ビーブル爆弾」で新入生たちを迎える。

[編集] 参考

  1. Mistakes? I’ve Made a Few (Making Magic 2002年11月11日)
QR Code.gif