忍者

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

忍者/Ninjaクリーチャー・タイプの1つ。隠密行動と変装術を得意とする、スパイ暗殺者のような職業


Ninja of the Deep Hours / 深き刻の忍者 (3)(青)
クリーチャー — 人間(Human) 忍者(Ninja)

忍術(1)(青)((1)(青),あなたがコントロールする、ブロックされなかった攻撃しているクリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札からこのカードを、タップ状態かつ攻撃している状態で戦場に出す。)
深き刻の忍者がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

2/2


Ink-Eyes, Servant of Oni / 鬼の下僕、墨目 (4)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ネズミ(Rat) 忍者(Ninja)

忍術(3)(黒)(黒)((3)(黒)(黒),あなたがコントロールする、ブロックされなかった攻撃しているクリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札からこのカードを、タップ状態かつ攻撃している状態で戦場に出す。)
鬼の下僕、墨目がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたはそのプレイヤーの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたのコントロール下で戦場に出してもよい。
(1)(黒):鬼の下僕、墨目を再生する。

5/4


Yuriko, the Tiger's Shadow / 虎の影、百合子 (1)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 忍者(Ninja)

上忍術(青)(黒)((青)(黒),あなたがコントロールしていてブロックされていない攻撃クリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札か統率領域からこのカードをタップ状態で攻撃している状態で戦場に出す。)
あなたがコントロールしている忍者(Ninja)1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開してあなたの手札に加える。各対戦相手はそれぞれ、そのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。

1/3

初出は神河謀叛神河ブロックでもこのセットのみの登場であり、マイナーな種族だったが、プレインチェイス2012統率者2018モダンホライゾンで再登場し、それぞれで新規カードが追加された。ネタとしては人気の種族で、エイプリル・フールネタに使われたほか、銀枠セットのUnstableにも新たに2体登場した。

、あるいは青黒多色にのみ存在する。神河ブロックの忍者は青単色人間、黒単色はネズミのクリーチャー・タイプを合わせ持つ。

神河ブロックの忍者はすべて忍術と、戦闘ダメージを与えた時に誘発する誘発型能力サボタージュ能力)を持つ。以降の忍者も概ねそのデザインを踏襲していたが、モダンホライゾンでは忍者=忍術+サボタージュ能力という固定概念から解放することを目的とし、忍者のフレーバーとしての「ブロックされない」ことを重視しつつも、忍術もサボタージュ能力も持たない忍者が登場している[1]

部族カードは忍術をサポートするロード的存在静風の日暮/Higure, the Still Wind虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow喉追い/Throatseeker巧妙な潜入者/Ingenious Infiltratorが存在する。ほかにも、墓地から忍者につけることができるオーラ煙の覆い/Smoke Shroud、忍者専用ではないが組み合わせると有効な装備品である手裏剣/Shuriken、忍者対策カードである鼠の影張り/Nezumi Shadow-Watcherが存在する。忍びの釵/Sai of the Shinobiも忍者との相性の良さとそのカード名から、ある種の部族カードと言える。

伝説の忍者は統率者2018現在、静風の日暮、鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadowの3体。

[編集] 参考

  1. Ethan Fleischer(Ethan FleischerのTwitter 2019年5月31日)
QR Code.gif