特別な処理

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

特別な処理/Special Actionは、プレイヤー優先権を持っているときに行える、スタックを用いない処理。

特別な処理には、以下の10個がある。

  1. 土地プレイする。
  2. 裏向きパーマネント表向きにする。
  3. 効果の中で、後でプレイヤーに何らかの処理を認めているとき、その処理を実行する。
  4. 常在型能力の効果を失わせる。
  5. 「あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも、あなたは待ち受ける禿鷹/Circling Vulturesを捨ててもよい」という能力でカードを捨てる
  6. 待機を持つカード手札から追放する。
  7. 相棒を持つカードを(3)を支払ってゲームの外部から手札に加える
  8. 予顕を持つカードを(2)を支払って手札から裏向きに追放する。
  9. プレインチェイス戦において次元ダイスを振る。
  10. コンスピラシー・ドラフトゲームにおいて、統率領域で裏向きになっている策略カードを表向きにする。
    • 秘策を持つものが該当する。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20211119.1

QR Code.gif