アーティファクト・土地

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アーティファクト・土地/Artifact Landは、アーティファクトであり、かつ土地であるオブジェクト。英語の読みから「アーティファクト・ランド」とも呼ばれる。

目次

[編集] 解説


Ancient Den / 古えの居住地
アーティファクト 土地

(T):(白)を加える。



Darksteel Citadel / ダークスティールの城塞
アーティファクト 土地

破壊不能
(T):(◇)を加える。



Razortide Bridge / 剃刀潮の橋
アーティファクト 土地

剃刀潮の橋はタップ状態で戦場に出る。
破壊不能
(T):(白)か(青)を加える。


同時に他のカード・タイプである土地は、土地のルールに従いプレイされ、呪文として唱えることはない。スタックも用いないため、打ち消すことはできない。

ミラディンの5枚サイクルが初出で、ダークスティールダークスティールの城塞/Darksteel Citadelが追加された。だが後述のとおりブロック構築スタンダードを席巻して全部が禁止カードになってしまい、長い間に渡って新規カードが登場しなかった。基本セット2015でダークスティールの城塞が再録されて以降は少しずつ新規カードが追加されている。

土地スロットアーティファクトカードを増やすことができ、土地のプレイによって手軽にアーティファクトを戦場に増やすことができることから、アーティファクトに関連した様々な利用方法やシナジーを持つ。特にミラディン・ブロックで同時に登場した親和(アーティファクト)を持つカードとは最高の相性を誇り、その名を冠した親和デッキではマナ基盤キーカードとして投入され、禁止カードに指定されるほどの活躍を見せた(後述)。それ以外でも、知識の渇望/Thirst for Knowledge爆片破/Shrapnel Blastの餌になる、一種のほぞでもあるため粗石の魔道士/Trinket Mageなどでサーチできる、タルモゴイフ/Tarmogoyfなどのカード・タイプ数を参照するカードと相性が良いなど、利用方法は枚挙に暇がない。

一方で、アーティファクトであることは短所にもなる。特に大きいのはアーティファクトを参照して破壊などを行うカードに引っかかってしまう点であり、例えば酸化/Oxidizeがわずか1マナ土地破壊になってしまうため、マナ基盤を失いやすい。特に溶融/Meltdown破滅的な行為/Pernicious Deedは親和デッキにとって天敵であった。

[編集] ルール

[編集] 該当カード

[編集] ミラディン

[編集] ダークスティール

[編集] モダンホライゾン2

[編集] フォーゴトン・レルム探訪

[編集] 参考

QR Code.gif