ゴブリン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゴブリン/Goblinは、クリーチャー・タイプの1つ。小柄な人型種族で、特徴的クリーチャー


Mogg Fanatic / モグの狂信者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。

1/1


Goblin Guide / ゴブリンの先達 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) スカウト(Scout)

速攻
ゴブリンの先達が攻撃するたび、防御プレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地カードであるなら、そのプレイヤーはそれを自分の手札に加える。

2/2


Conspicuous Snoop / 人目を引く詮索者 (赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) ならず者(Rogue)

あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたはあなたのライブラリーの一番上からゴブリン(Goblin)呪文を唱えてもよい。
あなたのライブラリーの一番上のカードがゴブリン・カードであるかぎり、人目を引く詮索者はそのカードの起動型能力をすべて持つ。

2/2

初出はリミテッド・エディション小型クリーチャーとして初期はオークコボルドドワーフなどと競合していたが、ミラージュ・ブロックから頭一つ抜け赤の代表的小型クリーチャーとして躍進していった。オデッセイ・ブロックではドワーフに立場を譲るもオンスロート・ブロックでは部族として取り上げられ、構築で戦えるゴブリンデッキが誕生した。その後セットの舞台がドミナリア/Dominariaから離れた後も各次元/Planeで登場し続けている。ローウィン・ブロックでは主要部族として再び取り上げられた。ゴブリンをテーマとした特殊セットが発売されるなど(後述)、マジックのクリーチャーの"顔"に成長している。

基本的にだが、ローウィン=シャドウムーア・ブロックではのゴブリンも数多く登場し、単色のゴブリンも登場している。多色も含めれば全に存在するほか、無色アーティファクト・クリーチャーにも存在する。

数が多いためこれといって能力に統一性があるわけではなく、単純に「赤らしい」能力が割り当てられているが、後述の「頭が悪いという設定」からか、生け贄に捧げるタイプの能力は比較的多く見られる。自滅的な行動の結果や、後先考えずに行動していたら死んでしまった、などを表しているようだ。

部族カードは豊富に存在し、ロードとしてはゴブリンの王/Goblin Kingゴブリンの戦長/Goblin Warchief、ゴブリンを生け贄にする包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade、ゴブリンをサーチしたり手札に加えるゴブリン徴募兵/Goblin Recruiterゴブリンの女看守/Goblin Matron、ゴブリンを戦場に出すゴブリンの従僕/Goblin Lackey上流階級のゴブリン、マクサス/Muxus, Goblin Grandeeなどがある。ゴブリンに関連する土地としてゴブリンの穴ぐら/Goblin Burrows婆のあばら家/Auntie's Hovelがある。また、対ゴブリンカードとしてTivadar's Crusade巣穴滅ぼしのエルフ/Warren-Scourge Elfなども存在する。

ゴブリン・トークンはよく使われるトークンの1つであり、巣穴からの総出/Empty the Warrensドラゴンの餌/Dragon Fodderなどトークンを生成するだけのカードも珍しくない。次元カードのジャンド/Jundもゴブリン・トークンを生成する。基本的に赤の1/1であるが、ラクドスのギルド魔道士/Rakdos Guildmage略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmotherなど他のバリエーションもある。(→トークン一覧

伝説のゴブリン・カード反転カードを含めると統率者レジェンズ現在27枚存在する(「伝説の(Legendary)・ゴブリン(Goblin)」でWHISPER検索)が、探検家タクタク/Tuktuk the Explorerの能力で生成される復活のタクタク/Tuktuk the Returnedを含めると28体存在することとなる。

[編集] ストーリー

ゴブリンは人型種族の一つ。小柄な体格。概ね知性が低く、後先考えずに行動する傾向にあるが、中には賢い集団や個人も存在する。

詳細はゴブリン/Goblinを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif