アゾリウス・アーティファクト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アゾリウス・アーティファクト(Azorius Artifacts)は、主に白青の2色で構成されるアーティファクトを中心としたデッキ。単に白青アーティファクト(White-Blue Artifacts)とも呼ばれる。エルドレインの王権以降のスタンダード環境に存在する。

目次

[編集] 概要

それ以前にもアーティファクトデッキをサポートするカードは多数存在していたが、エルドレインの王権で複数のアーティファクト・クリーチャー有色アーティファクトや関連カードが追加されると、これらを軸に据えたデッキが組まれるようになった。


Glass Casket / ガラスの棺 (1)(白)
アーティファクト

ガラスの棺が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー1体を対象とし、ガラスの棺が戦場を離れるまでそれを追放する。



All That Glitters / きらきらするすべて (1)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントしているクリーチャーは、あなたがコントロールしているアーティファクトやエンチャント1つにつき+1/+1の修整を受ける。


デッキ構成は様々だが、大きく分けて2つのタイプが存在する。

ビートダウン
軽量アーティファクト・クリーチャーを素早く展開し、きらきらするすべて/All That Glitters鋼の監視者/Steel Overseerクリーチャー強化しながら戦う。回避能力を得られるジンジャーブルート/Gingerbruteロークスワインのガーゴイル/Locthwain Gargoyleが主な強化先。鋼の監視者の能力を再利用できる通路の監視者/Corridor Monitorを取り入れたタイプも存在する。
神々の思し召し/Gods Willingによるバックアップ、神秘の炉/Mystic Forgeによる展開補助、跳ね橋/Crashing Drawbridgeを絡めた速攻戦術などが搭載される場合がある。
コントロール
ゆっくりと展開するコントロールタイプも存在する。
ドローアーティファクトでライブラリーを掘り進めつつ、真夜中の時計/Midnight Clockマナを伸ばし、ガラスの棺/Glass Casketをはじめとする置物除去時の一掃/Time Wipe等で適宜戦場を捌きながら、パーマネントの数を増やしていく。
主な勝ち手段は煌めくドラゴン/Shimmer Dragonによるビートダウン、または各種プレインズウォーカーが使われる。

[編集] サンプルレシピ

[編集] ビートダウン型

Azorius Artifacts [1]
土地 (21)
1 アーデンベイル城/Castle Ardenvale
4 神聖なる泉/Hallowed Fountain
5 島/Island
11 平地/Plains
クリーチャー (22)
2 秘儀術師のフクロウ/Arcanist's Owl
4 ジンジャーブルート/Gingerbrute
4 知りたがる人形/Inquisitive Puppet
4 ロークスワインのガーゴイル/Locthwain Gargoyle
4 鋼の監視者/Steel Overseer
4 石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent
呪文 (17)
2 黒き剣のギデオン/Gideon Blackblade
4 神々の思し召し/Gods Willing
4 ガラスの棺/Glass Casket
3 神秘の炉/Mystic Forge
4 きらきらするすべて/All That Glitters
サイドボード (15)
1 島/Island
1 秘儀術師のフクロウ/Arcanist's Owl
2 浄光の使徒/Apostle of Purifying Light
1 暁の騎兵/Cavalier of Dawn
2 議事会の裁き/Conclave Tribunal
1 屋敷の踊り/Dance of the Manse
4 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke
2 解呪/Disenchant
1 人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable


[編集] 参考

QR Code.gif