ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(参考)
 
(9人の利用者による、間の13版が非表示)
1行: 1行:
 
{{#card:Yawgmoth's Will}}
 
{{#card:Yawgmoth's Will}}
  
[[WotC]]社員の[[Mark Rosewater]]をして「最大の過ち」と言わしめた、[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]史上最強と謳われる[[カード]]。[[墓地]]のカードをここまで自在に操れる[[呪文]]は他に類を見ない。
+
[[Mark Rosewater]]をして「最大の過ち」と言わしめた<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/make-no-mistake-2003-11-10-0 Make No Mistake](Making Magic 2003年11月10日) - その6</ref><ref>[http://web.archive.org/web/20040413215000/http://members.at.infoseek.co.jp/braingeyser/03/1112.html M:tGやっちまった小咄集](個人サイト「Braingeyser」、上の記事の和訳)</ref>、[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]史上最強と謳われる[[カード]]。[[墓地]]のカードをここまで自在に操れる[[呪文]]は他に類を見ない。
  
 
1[[ターン]]限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて[[手札に加える]]ような[[効果]]による[[アドバンテージ]]は、[[ゲーム]]バランスを崩壊させるに十分なものである。ゲームの後半に撃てば、わずか3[[マナ]]で10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。
 
1[[ターン]]限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて[[手札に加える]]ような[[効果]]による[[アドバンテージ]]は、[[ゲーム]]バランスを崩壊させるに十分なものである。ゲームの後半に撃てば、わずか3[[マナ]]で10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。
9行: 9行:
 
スタンダードでは[[黒ウィニー]]や[[黒コントロール]]の後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、[[ピットサイクル]]において5枚目の[[魂の饗宴/Soul Feast]]を撃つために使用するなど[[黒]]絡みの[[デッキ]]では大抵投入されていたが、カード・プールの狭さのおかげで[[禁止カード]]入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚[[挿し]]が一般的だったので、強力さの割には[[シングルカード]]価格もそこまで高くはなかった。
 
スタンダードでは[[黒ウィニー]]や[[黒コントロール]]の後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、[[ピットサイクル]]において5枚目の[[魂の饗宴/Soul Feast]]を撃つために使用するなど[[黒]]絡みの[[デッキ]]では大抵投入されていたが、カード・プールの狭さのおかげで[[禁止カード]]入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚[[挿し]]が一般的だったので、強力さの割には[[シングルカード]]価格もそこまで高くはなかった。
  
*このカードが登場した当時、[[Type1]]で[[制限カード]]に指定されていた[[新たな芽吹き/Regrowth]]と比較しても、たった1[[マナ]]増えただけで[[墓地]]のカード全てに手を出せる。このカードがいかに強力かがわかるだろう。
+
*このカードが登場した当時、[[タイプ1]]で[[制限カード]]に指定されていた[[新たな芽吹き/Regrowth]]と比較しても、たった1[[マナ]]増えただけで[[墓地]]のカード全てに手を出せる。このカードがいかに強力かがわかるだろう。
*カードに印刷された[[ルール文章]]は現在の[[オラクル]]と同様に[[置換効果]]によって墓地に置かれたカードを[[追放]]するようになっている(日本語版だと分かり難いが)が、一時期これが[[誘発型能力]]であるというエラッタが出ていた事がある。
+
**本項冒頭の、「Mark Rosewaterが「最大の過ち」と言った」理由もここにあり、オーバーパワーである事が予想できたにも関わらず作ってしまった事を反省している。
 +
 
 +
1999/10/01、[[タイプ1]](現[[ヴィンテージ]])で[[制限カード]]、[[エクステンデッド]]と[[タイプ1.5]]で[[禁止カード]]に指定される。2004/09/20より[[タイプ1.5]]から移行した[[レガシー]]でも続けて禁止となっている。
 +
 
 +
==ルール==
 +
*カードに印刷された[[ルール文章]]は現在の[[オラクル]]と同様に[[置換効果]]によって墓地に置かれたカードを[[追放]]するようになっている(日本語版だと分かり難い)が、一時期これが[[誘発型能力]]であるというエラッタが出ていた事がある。
 
**[[第6版]]になり[[スタック]]ルールが導入された事により、[[暗黒の儀式/Dark Ritual]]を唱える→追放される能力が誘発したらそれに[[対応して]]また(墓地から)唱える→以下繰り返しという、[[土地]]を含めてたった手札3枚で[[無限マナ]]が発生してしまい容易に[[1ターンキル]]が成立してしまう事が発覚した。そのため、元の文章に修正し直された。
 
**[[第6版]]になり[[スタック]]ルールが導入された事により、[[暗黒の儀式/Dark Ritual]]を唱える→追放される能力が誘発したらそれに[[対応して]]また(墓地から)唱える→以下繰り返しという、[[土地]]を含めてたった手札3枚で[[無限マナ]]が発生してしまい容易に[[1ターンキル]]が成立してしまう事が発覚した。そのため、元の文章に修正し直された。
*修正すると[[ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda]]になる。また[[梅澤俊郎/Toshiro Umezawa]]、[[法務官の相談/Praetor's Counsel]]、[[炎の中の過去/Past in Flames]]も一種の調整版と言っていいかもしれない。
 
 
*これで再利用した呪文は「墓地から唱えられた」ことになるので、[[ラクァタスの侮蔑/Laquatus's Disdain]]で[[打ち消す]]ことができる。同様に[[灰の盲信者/Ash Zealot]]で[[ダメージ]]を与えるし、[[墓掘りの檻/Grafdigger's Cage]]で唱えることを禁止することもできる。
 
*これで再利用した呪文は「墓地から唱えられた」ことになるので、[[ラクァタスの侮蔑/Laquatus's Disdain]]で[[打ち消す]]ことができる。同様に[[灰の盲信者/Ash Zealot]]で[[ダメージ]]を与えるし、[[墓掘りの檻/Grafdigger's Cage]]で唱えることを禁止することもできる。
 
*この効果により、[[解決]]されたヨーグモスの意志自身も墓地に置かれずに追放される。
 
*この効果により、[[解決]]されたヨーグモスの意志自身も墓地に置かれずに追放される。
  
1999/10/01、[[Type1]](現[[ヴィンテージ]])で[[制限カード]][[エクステンデッド]][[Type1.5]][[禁止カード]]に指定される。2004/09/20より[[Type1.5]]から移行した[[レガシー]]でも続けて禁止となっている。
+
==主な亜種==
 +
あなたの墓地のカードを唱えられる様にするカード。'''太字'''は使ったカードが追放されない。対象の1枚だけを唱えられる様にするタイプは[[瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage]]の項を参照。
 +
*[[ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda]] - (3)(黒)(黒)[[エンチャント]][[常在型能力]]になった調整版。1ターンに1枚しか呪文が唱えられなくなる。([[インベイジョン]]
 +
*[[ブージーアムの輪/Bosium Strip]] - (3)[[アーティファクト]][[起動]][[コスト]](3)の[[タップ能力]]。このターン、墓地の一番上にある[[インスタント]]か[[ソーサリー]]のみ唱えてよい。([[ウェザーライト]])
 +
**[[炎の中の過去/Past in Flames]] - (3)(赤)ソーサリーで[[フラッシュバック]](4)(赤)つき。このターン、インスタントかソーサリーにのみフラッシュバックを与える。([[イニストラード]])
 +
**[[反体制魔道士、ケス/Kess, Dissident Mage]] - (1)(青)(黒)(赤)[[クリーチャー]]の常在型能力。あなたのターン中限定で、インスタントかソーサリーのみ1ターンに1枚だけ唱えてよい。([[統率者2017]])
 +
**[[ヤヤ・バラード/Jaya Ballard]] - (2)(赤)(赤)(赤)[[プレインズウォーカー (カード・タイプ)|プレインズウォーカー]]の-8[[忠誠度能力]]の[[紋章]]。インスタントかソーサリーのみ。([[ドミナリア]])
 +
**'''[[レンと六番/Wrenn and Six]]''' - (赤)(緑)プレインズウォーカーの-7忠誠度能力の紋章。インスタントかソーサリーのみ[[回顧]]を得る。([[モダンホライゾン]])
 +
**[[逆噴射のヘルカイト/Backdraft Hellkite]] - (3)(赤)(赤)クリーチャーの[[攻撃]][[誘発型能力]]。このターン、インスタントかソーサリーにのみフラッシュバックを与える。([[統率者2019]])
 +
*'''[[世界のるつぼ/Crucible of Worlds]]''' - (3)アーティファクトの常在型能力。唱えるのではなく、墓地の[[土地]]をプレイしてよい。([[フィフス・ドーン]])
 +
**'''[[ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator]]''' - (2)(緑)クリーチャーの常在型能力が世界のるつぼ。([[破滅の刻]])
 +
*'''[[ストロームガルドの災い魔、ハーコン/Haakon, Stromgald Scourge]]''' - (1)(黒)(黒)クリーチャーの常在型能力。[[騎士]]のみ唱えてよい。これ自身は墓地からしか唱えられない。([[コールドスナップ]])
 +
*[[瀬戸際からの帰還/Back from the Brink]] - (4)(青)(青)エンチャントの起動型能力。唱えるのではなく、墓地のクリーチャー・カードをそのマナ・コストで追放してその[[コピー]]を[[生成]]する。(イニストラード)
 +
*'''[[法務官の相談/Praetor's Counsel]]''' - (5)(緑)(緑)(緑)ソーサリー。単純にあなたの墓地を全て手札に戻すだけの[[回収]]カード。手札上限も消える。([[ミラディン包囲戦]]
 +
*'''[[幽霊の酋長、カラドール/Karador, Ghost Chieftain]]''' - (5)(白)(黒)(緑)クリーチャーの常在型能力。あなたのターンの間、クリーチャーのみ唱えてよい。([[統率者 (カードセット)|統率者]])
 +
*[[享楽者の宝物庫/Hedonist's Trove]] - (5)(黒)(黒)エンチャントの常在型能力。自分でなく対戦相手の墓地の全カードを[[ETB]]で追放。それらを1ターンに1枚だけ唱えてよい。土地もプレイ可。([[タルキール龍紀伝]])
 +
**[[記憶の裏切り/Mnemonic Betrayal]] - (1)(青)(黒)ソーサリー。枚数制限が無く[[色マナ]]も自由に支払えるが、1ターン限定の享楽者の宝物庫。カードは元の墓地に戻り、これ自身は追放。([[ラヴニカのギルド]])
 +
*'''[[ギサとゲラルフ/Gisa and Geralf]]''' - (2)(青)(黒)クリーチャーの常在型能力。[[ゾンビ]]・クリーチャーのみ1ターンに1枚だけ唱えて良い。([[異界月]])
 +
**'''[[死が触れぬ者、リリアナ/Liliana, Untouched by Death]]''' - (2)(黒)(黒)プレインズウォーカーの-3忠誠度能力。このターン、墓地からゾンビを唱えてよい。([[基本セット2019]])
 +
*[[見捨てられた石棺/Abandoned Sarcophagus]] - (3)アーティファクトの常在型能力。[[サイクリング]]を持ち土地でないカードのみ唱えてよい。サイクリングで墓地に置かれる分には追放されない。(破滅の刻)
 +
*[[意志の大魔術師/Magus of the Will]] - (2)(黒)クリーチャーの起動コスト(2)(黒)のタップ能力。これ自身を追放する事によって、ヨーグモスの意志と同じ効果をこのターン得る。([[統率者2017]])
 +
*'''[[墓場波、ムルドローサ/Muldrotha, the Gravetide]]''' - (3)(青)(黒)(緑)クリーチャーの常在型能力。[[パーマネント]]・カード全般をプレイしてよいが、1つの[[カード・タイプ]]につき1ターンに1枚だけ。(ドミナリア)
 +
*'''[[隠された手、ケシス/Kethis, the Hidden Hand]]''' - (白)(黒)(緑)クリーチャーのあなたの墓地から[[伝説のカード]]2枚を追放する[[起動型能力]]。このターンの間、[[伝説の]]カードのみ唱えてよい。([[基本セット2020]])
 +
*'''[[悪夢の達人、チェイナー/Chainer, Nightmare Adept]]''' - (2)(赤)(黒)クリーチャーの手札を1枚捨てる起動型能力。このターン、クリーチャーを1枚のみ唱えてよい。(統率者2019)
 +
==脚注==
 +
<references />
 +
 
 
==参考==
 
==参考==
*[http://www.wizards.com/default.asp?x=mtgcom/daily/mr97 ミスなんてもってのほか] その6(米Wizards社、英文)
 
**[http://web.archive.org/web/20090207022834/http://members.at.infoseek.co.jp/braingeyser/03/1112.html M:tGやっちまった小咄集](Braingeyser、上の記事の和訳)
 
 
*[[ヨーグモス/Yawgmoth]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[ヨーグモス/Yawgmoth]]([[背景世界/ストーリー用語]])
 
*[[再録禁止カード一覧]]([[再録禁止カード]])
 
*[[再録禁止カード一覧]]([[再録禁止カード]])
26行: 54行:
  
 
[[Category:ウルザズ・サーガの再録禁止カード|よおくもすのいし]]
 
[[Category:ウルザズ・サーガの再録禁止カード|よおくもすのいし]]
 +
__NOTOC__

2019年8月29日 (木) 00:35時点における最新版


Yawgmoth's Will / ヨーグモスの意志 (2)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたは、あなたの墓地にあるカードをプレイしてもよい。
このターン、カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれる場合、代わりにそのカードを追放する。


Mark Rosewaterをして「最大の過ち」と言わしめた[1][2]マジック史上最強と謳われるカード墓地のカードをここまで自在に操れる呪文は他に類を見ない。

1ターン限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて手札に加えるような効果によるアドバンテージは、ゲームバランスを崩壊させるに十分なものである。ゲームの後半に撃てば、わずか3マナで10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。

このカードの強さはその性質上カード・プールの広さに依存する。軽くて強力な呪文、特に強力なマナ加速手段が多ければそれだけこのカードも強力に変貌を遂げる。当時のスタンダードでは、水蓮の花びら/Lotus Petal暗黒の儀式/Dark Ritualで0マナから唱えることができ、このカードの効果でそれらを使い回すことでフリースペルのような芸当が可能となっていた。ヴィンテージに至ってはBlack LotusMox等の凶悪なマナ・アーティファクトを筆頭に軽くて強烈な呪文が蔓延しているので、単純なカードパワーパワー9をも上回る。ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamondとのシナジーも抜群である。

スタンダードでは黒ウィニー黒コントロールの後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、ピットサイクルにおいて5枚目の魂の饗宴/Soul Feastを撃つために使用するなど絡みのデッキでは大抵投入されていたが、カード・プールの狭さのおかげで禁止カード入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚挿しが一般的だったので、強力さの割にはシングルカード価格もそこまで高くはなかった。

  • このカードが登場した当時、タイプ1制限カードに指定されていた新たな芽吹き/Regrowthと比較しても、たった1マナ増えただけで墓地のカード全てに手を出せる。このカードがいかに強力かがわかるだろう。
    • 本項冒頭の、「Mark Rosewaterが「最大の過ち」と言った」理由もここにあり、オーバーパワーである事が予想できたにも関わらず作ってしまった事を反省している。

1999/10/01、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードエクステンデッドタイプ1.5禁止カードに指定される。2004/09/20よりタイプ1.5から移行したレガシーでも続けて禁止となっている。

[編集] ルール

[編集] 主な亜種

あなたの墓地のカードを唱えられる様にするカード。太字は使ったカードが追放されない。対象の1枚だけを唱えられる様にするタイプは瞬唱の魔道士/Snapcaster Mageの項を参照。

[編集] 脚注

  1. Make No Mistake(Making Magic 2003年11月10日) - その6
  2. M:tGやっちまった小咄集(個人サイト「Braingeyser」、上の記事の和訳)

[編集] 参考

QR Code.gif