燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shrine of Burning Rage / 燃え上がる憤怒の祭殿 (2)
アーティファクト

あなたのアップキープの開始時か、あなたが赤の呪文を唱えるたび、燃え上がる憤怒の祭殿の上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。
(3),(T),燃え上がる憤怒の祭殿を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに、これの上に置かれていた蓄積カウンターの数に等しい点数のダメージを与える。


の祭殿は火力

設置に2マナ起動に3マナかかることを考えると、同じ無色火力カードであるツキノテブクロのエキス/Moonglove Extractと比較するならば、最低3~4点のダメージを期待したいところ。順調に展開しながら2ターンも経過すれば、5点程度は望めるだろう。

色マナなしでも使える点は他の祭殿と同じだが、除去エンドカードは役立つ場面が多いことから、他のデッキにまで採用する価値は高い。その際はファイレクシア・マナや色マナを要求しないピッチスペル増殖などを併用するとよい。

ミラディンの傷跡ブロック構築ではビッグ・レッド電位の負荷/Volt Chargeとともにしばしば採用される。スタンダードでも、バーン型のスライでよく採用される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシアの祭殿サイクルアップキープ開始時か対応する呪文唱えるたびに蓄積カウンターが置かれる誘発型能力と、生け贄に捧げることで起動して蓄積カウンターの数だけの効果を生み出す起動型能力を持つアーティファクト

いずれのカードにも、イラストカーン/Karnの像が描かれている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif